(最終更新日:2015-05-09 14:01:11)
  スギヤマ タミジ   Sugiyama Tamizi
  杉山 民二
   所属   農学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 論文  Simple and Sensitive Method for Pyrroloquinoline Quinone(PQQ) Analysis in Various Foods Using Liquid Chromatography/Electronspray-Ionization Tandem Mass Spectrometry. (共著) 2007/09
2. 論文  The effect of planting pattern on the rate of photosynthesis and related processes during ripening in rice plants (共著) 2006/02
3. 論文  Biological activity and structre-activity relationship of substitution compounds od N-[2-(3-indolyl)ethyl]succinamidc acid and N-[2-(1-naphthyl]succinamic acid, derived from a new category of root-promoting substances, N-(phenethyl)succinamic acid analogs (共著) 2003/12
4. 論文  Changes in levels of endogenous plant hormones in cambial regions of stems of Larix kaempferi at the onset of cambial activity in springtime (共著) 2002
5. 論文  A new class of root-promoting substances, N-(phenethyl)-
succinamic acid derivatives: their structures, activities and application (共著) 2001/11
全件表示(35件)
■ 学会発表
1. 2014/03/30 Cytokinin Oxidase/Dehydrogenaseの蛍光基質としてのN-isopentenyl-ethenoadenosine類の合成及び基質特異性の解析(日本農芸化学会2014年度大会)
2. 2013/03/15 N-alkyl-2-azaadenosines の合成並びに生物活性(日本農薬学会 第38回大会)
3. 2012/10/27 Bacillus属菌による発根促進物質N-[2-(3-インドリル)エチル]コハク酸アミドの生合成(植物化学調節学会第47回大会)
4. 2009/03/29 Cytokainin Oxidase/Dehydrogenase(CKX)に対する阻害剤の合成と阻害様式について(日本農芸化学会2009年大会)
5. 2008/08/09 Isotope Effetcs during Metabolism of Deuterium-Labeled Cytokinins(11th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry)
全件表示(17件)
■ 学歴
1. 1985/12/20
(学位取得)
東京農業大学 農学博士
2. 1972/03/25
(学位取得)
東京農工大学 農学修士
3. ~1972 東京農工大学 農学研究科
4. 1970/03/26
(学位取得)
明治大学 農学士
5. ~1970 明治大学 農学部
■ 教育上の能力
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 2004/10~2007/03 農芸化学専攻主任
2. 2001/10~2004/09 農学部カリキュラム委員会委員
●実務教育についての特記事項
1. 2010/10 農芸化学科長
2. 2007/04~2010/09 農学部教務主任
■ 所属学会
1. 日本分析化学会
2. 日本化学会
3. 日本植物生理学会
4. 日本植物細胞分子生物学会
5. 日本農芸化学会
全件表示(10件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 植物ホルモンの1種であるサイトカイニン類の新規化合物の化学合成と構造活性相関、重水素標識化合物を用いて植物細胞内での代謝の解析、サイトカイニンオキシダーゼの反応機構的阻害分子の化学合成と植物調節作用の解析等生物有機化学的研究に取り組んでいる。  バイオマーカーとしてのヌクレオシド類の重水素標識化合物を合成し、これらを内部標準としたGC/MSによる微量分析法の開発にも取り組んでいる。
■ 社会における活動
1. 2001/04~2005/03 日本農芸化学学会、代議員
2. 2001/04~2003/03 日本農薬学会、編集委員
3. 1998/04~2001/03 日本農薬学会、常任編集委員
4. 1993/10~2001/03 東京農工大学、非常勤講師
5. 1993/04~1997/03 日本農薬学会、常任評議委員
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009~2013  サイトカイニンオキシダーゼの蛍光基質の合成と酵素活性測定法への応用  (キーワード:合成、蛍光化合物、酵素活性測定、)
2. 2004~2011  サイトカイニン分解酵素の反応機構的阻害化合物の合成研究  (キーワード:サイトカイニン分解酵素、自殺基質合成、)
3. 1995~2001  ヌクレオチド型サイトカイニンの合成研究 個人研究 (キーワード:ゼアチンリボチド合成、サイトカイニン活性、ベタシアニン生物検定)
4. 1993~2004  サイトカイニン代謝産物の生物有機化学的研究 個人研究 (キーワード:"サイトカイニン,生理活性,GC/MS分析")
5. 1990~2010  "ビタミンL類縁体の合成および酵母抽出物中での検索と生理活性 (合成化学,生物活性,ビタミンL)" 個人研究 (キーワード:ビタミンL2の合成、重水素標識化合物の合成、質量分析、ラットに対する催乳促進作用)
全件表示(8件)
■ 委員会・協会等
1. 1997/12~2007/01 日本木材保存剤審査機関、性能評価委員会、安全性評価部会 委員
■ 現在の専門分野
有機化学(Organic Chemistry), 生物生産化学・生物有機化学(Biological Production Chemistry/Biological Organic Chemistry)