(最終更新日:2017-06-03 13:54:54)
  タハラ カズクニ   TAHARA KAZUKUNI
  田原 一邦
   所属   理工学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 著書  CSJ Current Review 25 二次元物質の科学 グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界 (共著) 2017/03
2. 著書  Synergy in Supramolecular Chemistry (共著) 2014/10
3. 著書  CSJ Current Review 12 未来材料を創出するπ電子系の科学 新しい合成・構造・機能化に向けて (共著) 2013/03
4. 論文  Area-Selective Passivation of sp2 Carbon Surfaces by Supramolecular Self-Assembly (共著) 2017/04
5. 論文  Generation of Aromatic (Dehydro)benzoannulene Dications Stabilized by Platinum Catecholate Complexes (共著) 2017/04
全件表示(48件)
■ 学会発表
1. 2015/09 Approaches Toward the Synthesis of Two-Dimensional Polymer Using Self-Assembly of Organic Molecules at the Interface
2. 2014/12 Self-Assembly and Reactivity of Triangular Dehydrobenzoannulene Derivatives on Surface(Joint Winter School & Workshop for Interdisciplinary Research on Materials Science of JLU Giessen and Osaka University)
3. 2014/11 Functionality of Surface-confined Molecular Networks at the Liquid/Solid Interfaces(7th International Symposium on Surface Science (ISSS-7))
4. 2014/06 グラフィティック表面での二次元分子自己集合とその機能(岡山大学異分野融合研究育成支援事業 シンポジウム 酸化グラフェン―無機・有機・高分子複合材料の合成と用途開拓)
5. 2014/05 固液界面で形成される二次元分子集合体の走査型トンネル顕微鏡による観測(第3回関西若手物性研究会 顕微鏡を通して見る現象)
全件表示(10件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2016/03  キラルな表面空孔の不正識別能と機能化 挑戦的萌芽研究 
2. 2013/10~2017/03  反応性分子の自己集合による精密グラフェン化学修飾技術の開発 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2011/04~2014/03  二次元ポリマーの固液界面合成 挑戦的萌芽研究 
4. 2011/04~2013/03  固液界面における自己集合の高次階層制御 新学術領域研究(研究領域提案型)・分子ナノシステムの創発化学 
5. 2009/07~2014/03  集積化アルキンの反応制御による新奇芳香族化合物の創出 新学術領域研究(研究領域提案型)・反応集積化の合成化学 
全件表示(7件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2017/04 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
2. 2012/04 日本化学会 進歩賞