(最終更新日:2017-10-22 20:01:53)
  タナカ ヒロミ   TANAKA Hiromi
  田中 洋美
   所属   情報コミュニケーション学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 著書  Global Leisure and the Local Struggles for a Better World (共著) 2018/04
2. 著書  ボディ・スタディーズ―性、人種、階級、エイジング、健康/病の身体学への招待  2017/05
3. 著書  Equating Gender: Explorations in the Asia-Pacific  (共著) 2016/09
4. 著書  Parental Well-Being in Japan (共著) 2015/06
5. 著書  Encyclopedia of Quality of Life and Well-Being Research (共著) 2014/01
全件表示(25件)
■ 学会発表
1. 2016/09/11 ジェンダーとメディア再考ースポーツ宣伝動画をめぐる騒動を例に(国際ジェンダー学会2016年大会)
2. 2016/07/11 The Meaning and Purpose of Leisure Activities of Manga/Anime Fans Called Fujoshi: Contradictions and Ambivalences in Japanese Women's a Fan Community(The Third ISA Forum of Sociology)
3. 2015/09/05 『男がつらいよ』書評セッション:男性カテゴリーの使用ならびに研究者は研究コミュニティー内外でいかに語ることができるのかについて(国際ジェンダー学会2015年大会)
4. 2014/11/04 Enjoying Manga as Fujoshi: Exploring its Innovation and Potential for Social Change from a Gender Perspective(International Interdisciplinary Symposium "Knowledge Construction through the Lens of Social and Cultural Diversity")
5. 2014/11/04 Sexual Stratification in a Digital Age(International Interdisciplinary Symposium "Knowledge Construction through the Lens of Social and Cultural Diversity")
全件表示(32件)
■ 学歴
1. Ruhr-Universität Bochum 博士(社会学、Dr. rer. soc.)
2. 東京外国語大学 修士(国際学)
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 2014/09~2015/03 アクチュアルな社会現象を読み解くゼミ研究の実施と成果の一般公開 Link
2. 2014~ ダイバーシティ教育のための啓発キャンペーンの実施 Link
3. 2014~ 学生・院生に対する研究支援
4. 2014~ 既存の学問の枠にとらわれず、様々な方法で社会の多様性に迫る実験的な活動の実施 Link
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2011/07 『コミュニケーション・スタディーズ入門』大修館書店(担当部分:「ジェンダーとコミュニケーション」158-180頁)
■ 所属学会
1. International Sociological Association
2. 国際ジェンダー学会
3. 日本社会学会
4. 日本スポーツとジェンダー学会
5. European Association of Japanese Studies
■ 資格・免許
1. 専門社会調査士(第001877号)
■ 社会における活動
1. 2013/12~2013/12 群馬県ぐんま男女共同参画センター「男女共同参画基礎講座」講師
2. 2012/10~2012/10 北区男女共同参画センター「北区さんかく大学」招聘講師
3. 2011/11~2011/11 群馬県ぐんま男女共同参画センター「世界の男女共同参画事情」連続講座招聘講師
■ ホームページ
   特定課題研究ユニット「ジェンダー・セクシュアリティ研究ネットワーク(GSRN)」
■ 受賞学術賞
1. 2014/11 Best Paper Award, International Interdisciplinary Symposium, Knowledge Construction through the Lens of Social and Cultural Diversity
2. 2011/12 程ヶ谷基金「男女共同参画・少子化に関する研究活動の支援、並びにこれに関する顕彰事業」奨励賞
3. 2001/04 ハインリッヒ・ベル財団フェローシップ(Promotionsstipendium der Heinrich-Boell-Stiftung)
■ 現在の専門分野
社会学(Sociology), ジェンダー(Gender) (キーワード:ジェンダー、セクシュアリティ、メディア、ライフスタイル、レジャー)