(最終更新日:2018-07-18 17:54:51)
  タナカ ヒロミ   TANAKA Hiromi
  田中 洋美
   所属   情報コミュニケーション学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 論文  ジェンダーとメディア研究の再構築に向けて (単著) 
2. 論文  Global Leisure and the Struggles for a Better World (共著) 2018/05
3. 著書  ボディ・スタディーズ―性、人種、階級、エイジング、健康/病の身体学への招待  2017/05
4. 論文  Equating Gender: Explorations in the Asia-Pacific  (共著) 2016/09
5. 著書  Parental Well-Being in Japan (共著) 2015/06
全件表示(26件)
■ 学会発表
1. 2018/07/05 Sexualization of Japanese Women in a Global Postfeminist Era(The 22nd Biennial Conference of The Asian Studies Association of Australia (ASAA) 2018)
2. 2017/11/02 Reorganization of the Public/Private Divide: Sexualization of Men and Women in Japanese Women’s Popular Media(International Conference: Urban Spaces and Gender – Exploring Gender, Marginalization and Equity in Urban Spaces in the Asia-Pacific)
3. 2017/08/31 Redefinition of Femininities and Rigidity of Gender Norms: Discussant's Comment(The 15th International Conference of the European Association of Japanese Studies)
4. 2016/09/11 ジェンダーとメディア再考ースポーツ宣伝動画をめぐる騒動を例に(国際ジェンダー学会2016年大会)
5. 2016/07/11 The Meaning and Purpose of Leisure Activities of Manga/Anime Fans Called Fujoshi: Contradictions and Ambivalences in a Japanese Women's Fan Community(The Third ISA Forum of Sociology)
全件表示(35件)
■ 学歴
1. Ruhr-Universität Bochum 博士(社会学)
2. 東京外国語大学 修士(国際学)
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 2014~ ダイバーシティ教育のための啓発キャンペーンの実施
2. 2014~ 学生・院生に対する研究支援
3. 2014~ 既存の学問の枠にとらわれず、様々な方法で社会の多様性に迫る実験的な活動の実施
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2011/07 『コミュニケーション・スタディーズ入門』大修館書店(担当部分:「ジェンダーとコミュニケーション」158-180頁)
■ 所属学会
1. International Sociological Association
2. 国際ジェンダー学会
3. 日本社会学会
4. 日本スポーツとジェンダー学会
5. European Association of Japanese Studies
■ 資格・免許
1. 専門社会調査士(第001877号)
■ 社会における活動
1. 2013/12~2013/12 群馬県ぐんま男女共同参画センター「男女共同参画基礎講座」講師
2. 2012/10~2012/10 北区男女共同参画センター「北区さんかく大学」招聘講師
3. 2011/11~2011/11 群馬県ぐんま男女共同参画センター「世界の男女共同参画事情」連続講座招聘講師
■ ホームページ
   特定課題研究ユニット「ジェンダー・セクシュアリティ研究ネットワーク(GSRN)」
■ 受賞学術賞
1. 2014/11 Best Paper Award, International Interdisciplinary Symposium, Knowledge Construction through the Lens of Social and Cultural Diversity
2. 2011/12 程ヶ谷基金「男女共同参画・少子化に関する研究活動の支援、並びにこれに関する顕彰事業」奨励賞
3. 2001/04 ハインリッヒ・ベル財団フェローシップ(Promotionsstipendium der Heinrich-Boell-Stiftung)
■ 現在の専門分野
社会学(Sociology), ジェンダー(Gender) (キーワード:ジェンダー、セクシュアリティ、メディア、ポピュラーカルチャー、レジャー、ライフスタイル)