(最終更新日:2015-02-14 03:53:15.44161)
  カマサキ フトシ   Kamasaki Futoshi
  釜崎 太
   所属   法学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 著書  スポーツの世界地図 (共著) 2012/05
2. 著書  教養としての体育原理 (共著) 2005/05
3. 論文  体育の「反省的実践家」像を問い直す (単著) 2012/10
4. 論文  ドイツ国民運動の組織者フリードリヒ・ルートヴィヒ・ヤーンの役割遊戯―体操家たちの身体に刻まれた記憶― (単著) 2012/03
5. 論文  教員養成における『身体感性教育』の意義と課題―反省的実践家とアクション・リサーチの位置づけを中心に― (単著) 2012/03
全件表示(34件)
■ 学会発表
1. 2012/10/06 「海外スポーツ交流」に考える市民スポーツの課題―地域スポーツクラブの取り組みから―
2. 2012/08/24 身体知研究の現在(第63回日本体育学会)
3. 2012/08/19 体育原理論の系譜―技術的実践から反省的実践へ―(第34会日本体育・スポーツ哲学会)
4. 2012/05/19 反省的実践家としての教師と身体知―ドナルド・ショーン『The Reflective Practitioner』を読む―(日本体育学会・体育哲学専門領域定例研究会)
5. 2010/09/08 思想としての「広島」オリンピック―もうひとつの平和運動をひらく「痕跡たち」―(第61回日本体育学会)
全件表示(21件)
■ 学歴
1. 2008/03/24
(学位取得)
広島大学 博士(教育学)
2. 2005/04~2008/03 広島大学大学院 教育学研究科博士後期課程 博士課程
■ 教育上の業績
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2005/05 教養としての体育原理
■ 所属学会
1. 2011/10 日本ことわざ文化学会
2. 2012/10 ∟ 理事
3. 教育思想史学会
4. 日本スポーツ教育学会
5. 日本体育・スポーツ哲学会
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2011/04 ランニングの世界・友の会
2. 2011/04 日本市民スポーツ海外交流会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/04~2013/03  近代ドイツ・ブラウンシュヴァイクの「遊戯運動」に関する研究 若手研究 (B) 
2. 2006/04~2008/03  近代ドイツにおけるサッカークラブの成立過程に関する研究 若手研究 (B) 
3. 2003/04~2004/03  現代日本における学校と地域の連携に関する研究  
4. 2001/04~2002/03  ドイツスポーツ大学ケルンにおけるスポーツ教育の理論と実際  
5.   身体教育論  (キーワード:身体教育思想史, 学校体育論, トゥルネン=スポーツ抗争, 遊戯運動)
■ 受賞学術賞
1. 2011/09 日本体育学会・浅田隆夫学術奨励賞
2. 2008/10 日本スポーツ教育学会・学会賞
■ 現在の専門分野
身体教育学(Physical Education)