(最終更新日:2017-05-19 09:57:10)
  カワノ ナツコ   KAWANO NATSUKO
  河野 菜摘子
   所属   農学部
   職種   専任講師
■ 著書・論文
1. 論文  Birthweights and Down syndrome in neonates that were delivered after frozen-thawed embryo transfer: The 2007-2012 Japan Society of Obstetrics and Gynecology National Registry data in Japan (共著) 2017 Link
2. 論文  Exosomes versus microexosomes: Shared components but distinct functions (共著) 2017 Link
3. 論文  Seminal vesicle proteins SVS3 and SVS4 facilitate SVS2 effect on sperm capacitation (共著) 2016 Link
4. 論文  Critical roles of seminal plasma on sperm migration in the female reproductive tract. (共著) 2016
5. 論文  Breast milk stimulates growth hormone secretion in infant mice, and phosphorus insufficiency disables this ability and causes dwarfism-like symptoms (共著) 2015
全件表示(31件)
■ 学会発表
1. 2017/03/29 Seminal vesicle protein SVS2 is required for sperm survival in the uterus.(第94回日本生理学会大会)
2. 2016/11/17 Functional analysis of CD9 and egg exosome-mediated membrane fusion process in fertilization.(the 87th Meeting of the Zoological Society of Japan)
3. 2015/12/13 メス生殖器における精子サバイバル術(2015年度 日本生殖工学会 学術集会)
4. 2015/12/03 精漿タンパク質SVS2欠損マウスから見えてきた、精子を殺すメスの免疫機構(第38回日本分子生物学会 WS「生殖」から読み解く哺乳類の生命現象にて)
5. 2015/11/27 雌性生殖器における精子サバイバル術(第33回日本受精着床学会総会 教育講演4)
■ 学歴
1. 2004/04~2007/03 東京大学 理学系研究科 生物科学専攻 博士課程修了
2. 2003/04~2004/03 広島大学 生物圏科学研究科 生物資源開発学専攻 博士課程中退
3. 2001/04~2003/03 広島大学 生物圏科学研究科 生物生産学専攻 修士課程修了
4. 1997/04~2001/03 広島大学 生物生産学部 生物生産学科 卒業
■ 職歴
1. 2014/04~2015/03 国立成育医療研究センター 生殖・細胞医療研究部 日本学術振興会特別研究員(RPD)
2. 2010/04~2014/03 国立成育医療研究センター 生殖・細胞医療研究部 日本学術振興会特別研究員 (PD)
3. 2009/04~2010/03 国立成育医療研究センター・研究所 生殖・細胞医療研究部 研究員
4. 2007/04~2009/03 筑波大学大学院生命環境科学研究科 研究員
5. 2003/04~2004/03 広島大学大学院生物圏科学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC1)
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 2016/04/01~ 生命科学実験IVについて
■ 主要学科目
生体制御学、生体防御学、生命科学実験IV
■ 所属学会
1. 日本アンドロロジー学会
2. 日本分子生物学会
3. 日本動物学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2020/03  最適なART(生殖補助技術)選択に寄与する精子の質検査法確立と、精子の質を保全する技術の開発に関する研究 企業からの受託研究 
2. 2017/04~2019/03  安全で有効な新しい免疫抑制剤の開発:生殖学から免疫学への展開 若手研究(B) 
3. 2017/04~2018/03  高脂肪食+ラクトフェリンがメスマウスに及ぼす影響 企業からの受託研究 
4. 2016/04~2017/03  高脂肪食+ラクトフェリンがメスマウスに及ぼす影響 企業からの受託研究 
5. 2014/04~2017/03  メスとオスの液性因子に制御される精子の生存機構 挑戦的萌芽研究 
全件表示(9件)
■ ホームページ
   http://www.isc.meiji.ac.jp/~nkawano/index.html
■ 受賞学術賞
1. 2014/06 基礎部門学会賞
2. 2011/06 ポスター賞