(最終更新日:2015-09-25 14:15:58)
  コイズミ ヒロカズ   Koizumi Hirokazu
  小泉 大一
   所属   理工学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 著書  Recovery of ductility observed in liquid gallium induced embrittlement of polycrystalline silver (共著) 2013
2. 著書  運動転位の輻射損失 (共著) 2003/07
3. 論文  Transitory Embrittlement of Polycrystalline Silver by Liquid Gallium (共著) 2014
4. 論文  Interaction energy between dislocation loops in an anisotropic crystal: Application of elesticity theory (共著) 2011
5. 論文  Time dependent embrittlement of polycrystalline Ag by liquid Ga (共著) 2011
全件表示(66件)
■ 学会発表
1. 2014/03/27 液体ガリウムによる固体金属の脆化の時間依存性(日本物理学会第69回年次大会)
2. 2013/06 Recovery of ductility observed in liquid gallium induced embrittlement of polycrystalline silver(13th International Conference of Fracture)
3. 2013/03/27 液体ガリウムによる多結晶スズの脆化の時間依存性(日本物理学会第68回年次大会)
4. 2013/03/27 液体ガリウムによる多結晶銀の脆化における延性の谷(日本物理学会第68回年次大会)
5. 2012/09/19 銀多結晶の液体ガリウムによる脆化の時間および温度依存性(日本物理学会2012年秋季大会)
全件表示(63件)
■ 学歴
1. 1978/03
(学位取得)
東京大学 理学博士
2. ~1978 東京大学 理学系研究科 物理学 博士課程
3. 1973/03
(学位取得)
東京大学 理学修士
4. ~1971 東京大学 理学部 物理学科
■ 所属学会
1. 日本物理学会
2. 日本金属学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   パイエルス機構による転位の運動 国内共同研究 (キーワード:転位,パイエルス ポテンシャル,パイエルス機構)
2.   液体金属脆化の機構 個人研究 (キーワード:破壊,液体金属,脆化)
3.   転位の基礎的性質 国際共同研究 (キーワード:",,")
■ 現在の専門分野
格子欠陥(Lattice defects), 物性一般(含基礎論)(Physical Properties in General (including Basic Theories)), 応用物理学一般(General Applied Physics), 材料強度物性(Strength of materials)