(最終更新日:2015-02-14 17:08:05.607)
  イシカワ クニヨシ   Ishikawa Kuniyoshi
  石川 邦芳
   所属   情報コミュニケーション学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 著書  コミュニケーション・スタディーズ入門 (共著) 2011/06
2. 著書  Discourse Representation of Temporal Relations in the So-Called Head-Internal Relatives (単著) 2009/02
3. 著書  フェイバリット英和辞典 (共著) 1996/10
4. 論文  Overriding Effects of Focus on Weak NPs in Thetic Sentences (単著) 2008
5. 論文  Discourse event-representation with an untensed bi-clausal construction. (単著) 2007/08
全件表示(18件)
■ 学会発表
1. 2006/08 Discourse Event-Representation with an Untensed Bi-Clausal Construction(カナダ・米国連合言語学会第33回大会)
2. 2006/01 Discourse Event-Matching in the Interpretation of Japanese Auxiliary -te iru(米国言語学会第80回大会)
3. 2005/06 Rhetorical Relations and Speaker’s Strategies of Discourse Updating(日本コミュニケーション学会第35回大会)
4. 2004/07 Focus-Affected Readings of Weak NPs and Information Updating(カナダ・アメリカ連合言語学会(LACUS) 第31回大会)
5. 2004/04 Overriding Effects of Focus on Weak NPs in Thetic Sentences(シカゴ言語学会)
全件表示(11件)
■ 学歴
1. 2003/12/06
(学位取得)
イエール大学大学院 言語学博士
2. 1999/05/24
(学位取得)
イエール大学大学院 哲学修士
3. 1976/03/19
(学位取得)
東京学芸大学 教育学修士
4. ~1998/09 イエール大学大学院 言語学科 博士課程単位取得満期退学
5. 1995/12/14
(学位取得)
イエール大学大学院 言語学修士
全件表示(7件)
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 2010/04/01 "談話コミュニケーションI, II"
2. 2010/04 "談話構造論I, II (演習)"
3. 2010/04 "談話構造論I, II (講義)、"
4. 2008/04 言語学
5. 2007/04 問題解決ゼミナ-ル
●作成した教科書、教材、参考書
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. 米国言語学会・日本英語学会・日本英文学会・日本言語学会
■ 社会における活動
1. 2010/06~2010/06 ICA (International Communication Association)Pre-Conference開催校実行委員
2. 2010/06~2010/06 日本コミュニケーション学会第40回記念大会実行委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/04~2012/03  有標的構造が示す談話情報の日英語コーパスによる対照研究 基盤研究 (C) 
2. 2008/04~2009/03  Discourse Representation of Temporal Relations in the So-Called Head-Internal Relatives 研究成果公開促進費(学術図書) 
3. 1996/09~1997/05  マサチューセッツ工科大学(M.I.T)脳認知科学科(B.C.S.)Edward Gibson教授の下、同教授及びMaria Babyonyshev氏との文解析(sentence processing)の共同研究従事 国際共同研究 
4. 1990/09~1991/08  カリフォルニア大学バークレー校言語学科 Charles Fillmore教授の下、「-te」接続表現の分析・研究報告に参画。データ収集、及び中間報告に携わる 国際共同研究 
5.   発話開始部と発話終結部という構造的位置が関わる,談話情報との機能的意味関係を,面談・録音・コーパスなどの実証的データに基づいて分析し,一定の表現が示す構造的な談話機能の特定を目指す  (キーワード:談話情報,談話機能)
■ 現在の専門分野
言語学(Linguistics), 談話研究(discourse structure; discourse and prosodic information; and discourse studies), 統語論・意味論隣接領域(interface between syntax and semantics), 語用論(pragmatics), 統語論・音韻論隣接領域(interface between syntax and phonology), 意味論(semantics)