(最終更新日:2015-02-14 01:45:57.636886)
  タカハシ サヨ   Takahashi Sayo
  高橋 早代
   所属   商学部
   職種   特任教授
■ 著書・論文
1. 著書  『ラテンアメリカー新しい社会と女性』 (共著) 2000/03
2. 著書  『日本で学んだこと』 (単著) 2000/02
3. 著書  『私の中の日本』 (単著) 1998/11
4. 著書  『西和中辞典』 (共著) 1990/01
5. 著書  『マリアネラ』 (単著) 1989/10
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. 1998/06 ラテンアメリカにおけるフェミ二ズムーグアテマラ:開発と内戦の中の女性たちー
2. 1994/11 サンス・デル・リオによるクラウゼ哲学の選択をめぐって
3. 1994/10 文学におけるスペインのクラウシスモ
4. 1993/07 スペインのクラウシスモー サンス・デル・リオの「ハイデルベルク書簡」を中心にー
5. 1992/11 二つの「コロンブス500年と「国連先住民年」(上智史学研究会)
■ 学歴
1. 1993/04~1996/03 上智大学 文学研究科 史学 博士課程単位取得満期退学
2. 1993/03/31
(学位取得)
上智大学 史学修士
3. 1967/04~1971/03 京都外国語短期大学 外国語学部 イスパニア語学科 卒業
■ 教育上の業績
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2002/02 ホセ・ヨンパルト著『日本で学んだこと』
2. 1989/10 ペレス・ガルドス著『マリアネラ』
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2006/06~2006/06 「国際社会と言語文化―スペイン語」
■ 所属学会
1. スペイン史学会
2. ラテンアメリカ学会
3. 上智史学会
4. 日本イスパニヤ学会
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 商学部のスペイン語担当者として商学を専門とする学生たちに効果的な外国語の学習メソッドを模索中です。スペイン語圏の協定校の開拓に取り掛かっています。ゼミ(総合学際研究)では「ドン・キホーテの国を読む」をテーマに、歴史を縦軸にスペインの風土・精神にアプローチし、翻って日本を考えていきます。個人的な研究では現在、ラテンアメリカのフェミニズムの先駆者ドローレス・ベドヤを研究し、マヤの詩人ウンベルト・アカバルの詩を翻訳中です。
■ 資格・免許
1. 1978/01/31 スペイン語教員資格
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2000  スペイン語教授法、スペイン近代史、グアテマラ地域研究 個人研究 (キーワード:スペイン語、スペイン史、グアテマラ)
■ 現在の専門分野
史学一般(General History)