(最終更新日:2016-11-10 14:08:29)
  シモタニ カズユキ   Shimotani Kazuyuki
  下谷 和幸
   所属   農学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 著書  Multiple Perspectives on English Philology and History of Linguistics (共著) 2010/11
2. 著書  The Limits of the Metaphorical Concept of Taste in Eighteenth-Century British Aesthetics and Criticism (単著) 2002/03
3. 著書  フィロロギア(渡部昇一教授古希記念論文集) (共著) 2001/07
4. 著書  セルフ ヘルプ (単著) 2000/06
5. 著書  チャーチルの強運に学ぶ (共著) 2000/01
全件表示(47件)
■ 学会発表
1. 2013/11/10 David HumeのTaste概念と「好み」の本質性(イギリス国学協会第12回年次コロキウム)
2. 1994/01/04 The Limits of the Metaphorical Concept of Taste(The Annual Conference of British Society for Eighteenth-Century Studies)
3. 1992/10/16 DNBの歴史と方法論(第26回サウンディングズ英語英米文学会)
4. 1987/07/13 ハマトンの幸福論について(The 4th International Conference on Human Values)
5. 1985/10/20 Donneの恋愛詩におけるLoveのメタファー(第12回サウンディングズ英語英米文学会)
全件表示(6件)
■ 学歴
1. 1999/05/11
(学位取得)
上智大学 博士(文学)
2. 1971/04~1974/03 上智大学 文学研究科 英米文学 修士課程修了 文学修士
3. 1967/04~1971/03 上智大学 文学部 英文学 卒業 文学士
■ 教育上の業績
●作成した教科書、教材、参考書
1. 1982/03/15 知的人間関係
2. 1982/03/15 知的生活
■ 所属学会
1. 1993/09 イギリス国学協会
2. 2001/10 ∟ 理事
3. 1993/06 British Society For Eighteenth-Century Studies(イギリス)
4. 1983/10 サウンデイングズ英語英米文学会
5. 1975/10 上智大学英文学会
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   18世紀イギリスに於るテイスト論 個人研究 (キーワード:"趣味," "審美能力")
2.   18世紀英国taste論及びJoshua Reynoldsの美術論 個人研究 (キーワード:"ジョシュア・レナルズ," "テイスト," "王立美術院")
■ 現在の専門分野
各国文学・文学論(Literature of Various Countries/Theories of Literature Criticism), "18世紀イギリス美学,批評"(Eighteenth-Century British Aesthetics and Criticism), 英語・英米文学(English Language and Literature)