(最終更新日:2015-02-14 17:08:48.539)
  ヒライシ ヒサヒロ   Hiraishi Hisahiro
  平石 久廣
   所属   理工学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 著書  2011年東北地方太平洋沖地震災害調査速報 (共著) 2011/08
2. 著書  耐震構造の設計 学びやすい構造設計 (共著) 2003/07
3. 著書  鉄筋コンクリート構造の設計 学びやすい構造設計 (共著) 2002/01
4. 著書  DESIGN OF MODERN HIGHRISE REINFORCED CONCRETE STRUCTURES no. (共著) 2001/06
5. 論文  杭頭浮き上がりによる基礎回転系構造の応答評価法に関する基礎的研究 (共著) 2012/04
全件表示(128件)
■ 学会発表
1. 2002/03 壁式鉄筋コンクリート造における耐震性能評価について
2. 2002/01 第1章新耐震設計法の見直し(講演)
■ 学歴
1. 1973/04~1977/02 九州大学 工学研究科 建築学 博士課程修了 工学博士
2. 1973/04~1975/03 九州大学 工学研究科 建築学 修士課程修了
3. 1967/04~1971/03 九州大学 工学部 建築学科 卒業
■ 所属学会
1. 日本コンクリート工学協会
2. 日本地震工学会
3. 日本建築学会
4. 1999~2001 ∟ 代議員
5. 1996~1997 ∟ 関東支部常議員
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 知識を得ることは大事であるが、それ以上にそれらの知識を元に想像力や企画力、実行力などの能力を養成することが重要だと考えている。従って教育、特に卒業論文や大学院の授業並びに修士論文の作成などではこれらの能力を伸ばせるように指導・教育している。 研究については、新しい鉄筋コンクリート構造の耐震・制震の技術開発および新しい耐震設計法など斬新で社会的に要請の高い課題に関する以下の指導・研究を行っている。 1.損傷回避機能を有する新しい鉄筋コンクリート造の開発 2.性能に基づいた新しい耐震設計法の開発 3.層崩壊建物の耐震設計法に関する研究 4.強風下における建築物の耐震性に関する研究 5.損傷回避のスマート機能を有する新しい耐震構造の開発 6.杭頭浮き上がり基礎回転構造の開発
■ 社会における活動
1. 2012/04 東京地方裁判所 調停委員
2. 2009/06 日本鉄筋継手協会 関東支部副支部長
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011~2014  地盤および杭の各種構造要因が上部構造の地震時応答に及ぼす影響に関する研究 個人研究 (キーワード:地震応答解析、建物-杭-地盤連成系、杭頭接合条件、地震入力エネルギー)
2. 2011~2014  損傷回避機構を有する構造物の開発 国内共同研究 (キーワード:損傷回避、新構造システム、スマート部材)
3. 2011~2014  新しい変形規定型耐震設計法の開発 個人研究 (キーワード:耐震設計、変形規定、応答スペクトル)
4. 2011~2014  鉛直地震動が基礎回転系構造の耐震性能に及ぼす影響に関する研究 個人研究 (キーワード:基礎回転系,地震動上下成分,水平上下同時入力,緩衝材)
5. 2011~2013  杭頭浮き上がり基礎回転系架構の構造性能に関する研究 国内共同研究 (キーワード:降伏機構分離型 基礎回転系 杭頭浮き上がり テーパー 減圧鉄筋)
全件表示(15件)
■ 委員会・協会等
1. 2012/04~ 日本建築学会東日本大震災合同調査報告編集委員会 副委員長
2. 2012/04~ 東京地方裁判所 調停委員
3. 2011/04~ 国土交通省国土技術政策総合研究所建築構造基準委員会 委員長代理
4. 2011/04~ 日本建築学会学会賞選考委員会 委員
5. 2011/04~ 日本建築学会災害委員会 委員長
全件表示(9件)
■ 受賞学術賞
1. 2000 科学技術長官賞(研究功績者)
2. 1997/07 建設大臣賞(業務功労者表彰)
3. 1996 日本建築学会賞(論文)
4. 1982 コンクリ-ト工学協会賞(論文)
■ 現在の専門分野
建築構造・材料(Building Construction/Material)