(最終更新日:2017-07-07 16:49:38)
  アイザワ マモル   Aizawa Mamoru
  相澤 守
   所属   理工学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 著書  26 Bioceramics for development of bioartificial liver (共著) 2012
2. 著書  バイオセラミックスの現状と新展開 (単著) 2012
3. 著書  バイオセラミックスを用いた肝再生‐移植用バイオ人工肝臓の作製をめざして‐ (共著) 2012
4. 著書  人工材料(無機材料) (共著) 2012
5. 著書  低侵襲治療を指向したペースト状人工骨の開発 (共著) 2012
全件表示(231件)
■ 学会発表
1. 2013/03 Non-fragmentationを担保したリン酸カルシウムセメントの試作とその評価方法(2013年日本セラミックス協会年会)
2. 2013/03 アルギン酸ナトリウムを用いたインジェクタブルアパタイト/コラーゲンペーストの物性に与える添加物の影響(2013年日本セラミックス協会年会)
3. 2013/03 水酸アパタイトセラミックス上で培養した株化軟骨細胞ATDC5の増殖とその形態(2013年日本セラミックス協会年会)
4. 2013/03 骨ミネラル含有アパタイトセラミックスのin vivo評価(2013年日本セラミックス協会年会)
5. 2013/01 β-リン酸三カルシウムを用いたキレート硬化型ペースト状人骨の開発(第51回セラミックス基礎科学討論会)
全件表示(378件)
■ 学歴
1. 1996/12
(学位取得)
上智大学 博士(工学)
2. ~1992/03 上智大学大学院 理工学研究科 応用化学専攻 修士課程修了
3. ~1990/03 上智大学 理工学部 化学科
■ 職歴
1. 2003/04 明治大学 理工学部 助教授・2003年4月より現職
2. 2003/03 上智大学 理工学部 講師
3. 2001/10~2002/09 ケンブリッジ大学 Department of Materials Science and Metallurgy 客員研究員
4. 1993/04~2003/02 上智大学 理工学部 助手・1993年-2003年2月
5. 1992/04~1993/03 花王株式会社 素材研究所 研究員
■ 所属学会
1. 日本セラミックス協会
2. 2004~2004 ∟ 生体関連材料部会・幹事
3. 日本バイオマテリアル学会
4. 無機マテリアル学会
5. 2005~2005 ∟ 評議員
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2004/05~2006/04 日本セラミックス協会「セラミックス」誌編集委員
2. 2003/04~2008/03 日本セラミックス協会生体関材料部会・幹事
3. 2005/04~2007/03 無機マテリアル学会・評議員
4. 2002/04~2008/03 無機マテリアル学会・企画行事委員
5. 2004/04~2008/03 日本無機リン化学会・評議員
全件表示(15件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2004  高度癌治療を指向した生体吸収性セラミックス微小球の合成とそのドラックデリバリーシステムの構築 機関内共同研究 (キーワード:DDS,セラミックス微小球,生体吸収性材料)
2. 2003  アパタイトファイバースキャフォルドによる肝細胞の三次元培養法の構築と人工肝臓モデルの試作 国内共同研究 (キーワード:肝再生,スキャフォルド,アパタイトファイバー)
3. 2002  硬組織再生を誘導するアパタイトファイバースキャフォルドの創製と医療用デバイスとしての応用 国内共同研究 (キーワード:骨再生,スキャフォルド,アパタイトファイバー)
4. 2001  キレート硬化型骨修復セメントの開発と医療用デバイスとしての応用 国内共同研究 (キーワード:"アパタイト,セメント,")
5. 2000  高度に配向したアパタイト表面における未分化間葉系幹細胞の分化誘導 個人研究 (キーワード:幹細胞,細胞分化,アパタイト)
全件表示(12件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2001 平成13年度日本セラミックス協会進歩賞受賞 タイトル:生体活性テーラードマテリアルの創製と生物学的評価に関する研究
2. 2005 平成17年度(第18回)日本材料試験技術協会賞(2005)(上智大・久森先生らと共同で受賞) タイトル:荷重下におけるチタン合金へのアパタイトの析出能評価
3. 2005 第46回 無機マテリアル学会 永井記念奨励賞(2005) タイトル:アパタイトファイバーの超微細構造解析と骨修復材料への応用
4. 2004 日本無機リン化学会奨励賞 タイトル:硬組織再生を促進する新規な三次元構造を有する多孔質アパタイト
5. 2003 'ABC award (Asian BioCeramics Symposium 2003) タイトル:Fabrication of bioactive cement using hydroxyapatite particles modified with inositol phosphate, its in vitro evaluation''
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
医用生体工学・生体材料学(Medical Organism Engineering and Material Science of Organism), 無機材料・物性(Inorganic Materials and Properties), 再生医学、ティッシュエンジニアリング(Tissue Engineering)