(最終更新日:2017-05-21 00:45:29)
  ツカハラ ヤスヒロ   Tsukahara Yasuhiro
  塚原 康博
   所属   情報コミュニケーション学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 著書  「公共経済の理論」『エレメンタル現代経済学』 (共著) 2016/10
2. 著書  「労働市場改革」『経済政策論-日本と世界が直面する諸課題』 (共著) 2016/01
3. 著書  英文翻訳『格差と不安定のグローバル経済学-ガルブレイスの現代資本主義論』 (共著) 2014/10
4. 著書  「介護による福祉経済の可能性」『少子・高齢化と日本経済』 (共著) 2014/09
5. 著書  「公共政策とコミュニケーション」『問題解決のコミュニケーション-学際的アプローチ-』 (共著) 2012/10
全件表示(105件)
■ 学会発表
1. 2014/06 インフォームド・コンセントとインフォームド・チョイスの理想と現実-患者の性差による分析-(日本コミュニケーション学会第44回年次大会(琉球大学))
2. 2012/10 賃金は市場が決めているか、雇い主が決めているか-大学生へのアンケート調査による検証-(社会政策学会第125回大会(長野大学))
3. 2012/09 情報通信サービス産業の生産と雇用の波及効果-2005年産業連関表による分析-(社会情報学会2012年学会大会(群馬大学))
4. 2012/05 消費におけるライフ・サイクル仮説の検証-メンタル・アカウンティングの観点から-(日本経済政策学会第69回大会(椙山女学園大学))
5. 2011/09 医薬品産業の産業特性-2005年産業連関表による分析-(医療経済学会第6回研究大会(法政大学))
全件表示(70件)
■ 学歴
1. ~1988/03 一橋大学大学院 経済学研究科 理論経済学及び統計学専攻 博士課程単位取得満期退学
2. 1996/10
(学位取得)
一橋大学 博士(経済学)
3. ~1985/03 早稲田大学大学院 経済学研究科 応用経済学 修士課程修了
4. ~1982/03 中央大学 商学部 商業貿易学科
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 2011/04~ 時事問題を扱った新聞記事の活用
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2016/10/10 『エレメンタル現代経済学』
2. 2012/10/26 『問題解決のコミュニケーション 学際的アプローチ』
3. 2012/04/16 『入門現代経済学要論(第2版)』
■ 所属学会
1. 2012/04 情報通信学会
2. 2011/04 日本ヘルスコミュニケーション学会
3. 2007/04 生活経済学会
4. 2006/04 医療経済学会
5. 2005/04 日本コミュニケーション学会
全件表示(17件)
■ 社会における活動
1. 2007/04~2011/03 日本私立大学連盟インテリジェンスセンター情報部門会議委員
2. 2005/10~2011/03 日本私立大学連盟年金問題検討プロジェクトチーム委員長
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   高齢社会の公共政策 個人研究 (キーワード:公共政策,,)
2.   高齢化と情報化の実証分析 個人研究 (キーワード:高齢化,情報化)
3.   人間行動の実証分析 個人研究 (キーワード:人間行動)
4. 2010/04~2015/03  多地域モデルによるDSGE財政政策の評価(研究分担者) 基盤研究 (B) 
5. 1996/04~1997/03  社会政策と社会的不平等の再生産の関連性に関する総合的研究(研究分担者) 基盤研究 (A) 
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2013/06 日本コミュニケーション学会奨励賞(著書の部)
2. 2012/06 日本公共政策学会論説賞
3. 2011/09 日本社会情報学会優秀文献賞
■ 現在の専門分野
公共政策、公共経済学、社会保障論("Public Economics, Social Security, Public Policy")