(最終更新日:2018-05-30 09:28:37)
  ナガオ ノリハル   Nagao Noriharu
  長尾 憲治
   所属   理工学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 論文  C1-symmetrical cis-Bis(di-2-pyridylamine)chloro(dimethyl sulfoxide-S)ruthenium(II) Complex: Synthesis, Crystal Structure, and Anion Recognition using the NH Groups in the Chelating Ligands (共著) 2018/03
2. 論文  Crystal Structure of (2-Picolinato)bis(2,2'-bipyridine)ruthenium(II) Chloride (共著) 2017/03
3. 論文  Crystal Stucture of Trans(Cl),cis(S)-dichlorobis(dimethyl sulfoxide-S)(N,N,N',N'-tetramethylethylendiamine)ruthenium(II) (共著) 2016/06
4. 論文  Crystal Structures and Substitution Reactions of trans(O,S)- [Ru(bpy)Cl(dmso-S)2(OH2)]+ and Three Derivative Complexes, trans(L,S)-[Ru(bpy)Cl(dmso-S)2(L)]+ (bpy: 2,2¤-Bipyridine, dmso: Dimethyl Sulfoxide, L = dmso-O, MeOH, or MeCN) (共著) 2010/12
5. 論文  Syntheses and Crystal Structures of Mono(di-2-pyridylamine)chloro(dimethyl sulfoxide-S) ruthenium(II) Complexes, [RuCl2(Hdpa)(dmso-S)2] and [RuCl(Hdpa)(dmso-O)(dmso-S)2](OTf) (共著) 2007/05
全件表示(36件)
■ 学会発表
1. 2016/03 2,2’-ビピリジンとアセチルアセトナトを1つずつ持つルテニウム(II)錯体の合成と結晶構造(日本化学会第95回春季年会(同志社大学))
2. 2016/03 ジ-2-ピリジルアミンとピコリネートを持つルテニウム(II)錯体の合成とキャラクタリゼーション(日本化学会第95回春季年会(同志社大学))
3. 2016/03 二種類のキレート環を形成する三座配位子Hmdppdを持つビス(Hmdppd)Ru(II)錯体の合成と構造(日本化学会第95回春季年会(同志社大学))
4. 2015/09 Mono(ddppd)Ru(III)錯体(ddppd = N,N'-dimethyl-N,N'-di-(2-pyridyl)pyridine- 2,6-diamine)を原料としたビス-ヘテロレプティックRu(II)錯体の合成と構造(2)(第65回錯体化学討論会(奈良女子大学))
5. 2015/09 メチルアミノ架橋基を持つN-methyl-di-(2-pyridyl)amine(mdpa)を持つビス-ヘテロテプティックRu(II)錯体の合成と構造および反応(2)(第65回錯体化学討論会(奈良女子大学))
全件表示(161件)
■ 学歴
1. 1995/09
(学位取得)
立教大学 博士(理学)
2. ~1990 立教大学 理学研究科 化学 博士課程
3. ~1982 立教大学 理学部 化学
■ 所属学会
1. アメリカ化学会
2. 日本化学会
3. 2003~2005 ∟ 関東支部化学協議会委員
4. 日本希土類学会
5. 錯体化学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   希土類錯体の合成と性質 個人研究 (キーワード:",,")
2.   白金族錯体の合成と性質 個人研究 (キーワード:",,")
■ 現在の専門分野
無機化学・無機錯体化学(Inorganic coordination chemistry), 無機化学(Inorganic Chemistry)