(最終更新日:2015-02-14 03:57:44.919414)
  タムラ ヒサオ   Tamura Hisao
  田村 久男
   所属   政治経済学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 論文  作家レギーナ・ウルマンの文学的成功と発見者リルケの支援について
――『曠野の説教』から『宿屋の古い看板』までを中心に―― (単著) 2010/01
2. 論文  18世紀の女性画家アンゲリカ・カウフマンのドイツ作家との交遊
――ヴィンケルマン、ゲーテ、ヘルダーの肖像画を中心に―― (単著) 2009/03
3. 論文  亡命作家ハンス・ザールのオラトリオ『イェーマント』
――1938年のチューリヒ上演とその評価をめぐって―― (単著) 2009/01
4. 論文  18世紀半ばのベルンにおける自由化運動「ヘンツィ陰謀」と文学におけるその影響――G. E. レッシングの未完の戯曲『ザームエル・ヘンツィ』とA. v. ハラー―― (単著) 2008/03
5. 論文  スイスにおける文学キャバレー「プフェッファーミューレ」――エーリカ・マンと父親トーマス(2)―― (単著) 2007/03
全件表示(23件)
■ 学歴
1. ~1993 東北大学 文学研究科 独語・独文学
2.
(学位取得)
文学修士
■ 所属学会
1. スイス文学研究会
2. 日本独文学会
3. 日本独文学会東北支部学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   "C. F. マイヤー研究 (スイス,歴史小説)"  (キーワード:",,")
2.   "トーマス・マン研究 (短編小説,初期作品)"  (キーワード:",,")
3.   "中世叙事詩 (中高ドイツ語,トリスタン)"  (キーワード:",,")
■ 現在の専門分野
ドイツ文学, スイス文化