(最終更新日:2017-10-20 14:58:24)
  イトウ マキ   Ito Maki
  伊藤 真紀
   所属   文学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 論文  「『女申楽』と木内錠―近代戯曲の『女物狂』」 (単著) 2017/03
2. 論文  「『夢・桃中軒牛右衛門の』―反歴史劇の語り」 (単著) 2017/02
3. 論文  「能舞台に上がった女性たち―大正十一年の『淡路婦人能』をめぐって」 (単著) 2013/06
4. 論文  「久米邦武の能楽研究と『人体美』-聴く能から観る能へ」 (単著) 2010/05
5. 論文  「能楽『発見』」 (単著) 2010/03
全件表示(25件)
■ 学会発表
1. 2009/06/27 大正期における「婦人能」の展開-「淡路婦人能」をめぐって(日本演劇学会全国大会)
2. 2006/07 岸田國士の理想-「純粋演劇論」と能の時空(日本演劇学会分科会日本近代演劇史研究会)
3. 2003/05 デュポン嬢(Catherine du pont )の能―女性による詩的舞踊―(日本演劇学会全国大会)
4. 1999/05 能楽の帝国劇場出演要請問題と大正デモクラシー(日本演劇学会全国大会)
■ 学歴
1. ~2000/03 明治大学 文学研究科 演劇学専攻 博士課程単位取得満期退学
2. ~1984/03 明治大学 文学部 文学科 卒業
3.
(学位取得)
明治大学大学院 修士
■ 教育上の業績
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2006/10~2006/10 都立若葉総合高校・演劇コースにおける授業(2日間・4コマ)
■ 主要学科目
同時代日本演劇
■ 所属学会
1. 1998/06 日本演劇学会
2. 2004/06 ∟ 幹事
3. 2007/06~2010/05 ∟ 紀要編集委員
■ 社会における活動
1. 2000/03~2006/03 『戦後日本戯曲初演年表』スタッフ
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   近代日本演劇  (キーワード:能楽,近代劇,女性,劇作家,演出家)
■ 現在の専門分野
美学(含芸術諸学)(Aethetics (including Art))