(最終更新日:2017-01-06 14:19:00)
  カワカミ ナオト   Kawakami Naoto
  川上 直人
   所属   農学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 論文  α-Xylosidase plays essential roles in xyloglucan remodelling, maintenance of cell wall integrity, and seed germination in Arabidopsis thaliana. (共著) 2016/09
2. 論文  Highly sprouting tolerant wheat grain exhibits extreme dormancy and cold imbibition resistant accumulation of abscisic acid (共著) 2016/03
3. 論文  ABA-INSENSITIVE3, ABA-INSENSITIVE5, and DELLAs Interact to Activate the Expression of SOMNUS and Other High-Temperature-Inducible Genes in Imbibed Seeds in Arabidopsis (共著) 2013/12
4. 論文  Isolation of a wheat (Triticum aestivum L.) mutant in ABA 8’-hydroxylase gene: effect of reduced ABA catabolism on germination inhibition under field condition. (共著) 2013/03
5. 論文  Thermoinhibition uncovers a role of strigolactones in Arabidopsis seed germination (共著) 2012/01
全件表示(54件)
■ 学会発表
1. 2016/10/30 シロイヌナズナ種子発芽の高温阻害を緩和する化合物と植物ホルモン作用の関連(植物化学調節学会第51回大会)
2. 2016/10/29 シロイヌナズナ種子におけるアブシジン酸合成を促進し、温度に依存して発芽を阻害する化合物の選抜と解析(植物化学調節学会第51回大会)
3. 2016/09/19 Highly sprouting tolerant wheat grain exhibits extreme dormancy and cold imbibition resistant accumulation of abscisic acid(13th International Symposium on Pre-Harvest Sprouting in Cereals)
4. 2016/06/23 Selection and characterization of chemicals that modulate the effect of high temperature on abscisic acid and gibberellin action in Arabidopsis seeds(22nd International Conference on Plant Growth Substances)
5. 2016/06/23 Selection of Arabidopsis germination mutants that have defect in abscisic acid and gibberellin regulation at high temperature(22nd International Conference on Plant Growth Substances)
全件表示(147件)
■ 学歴
1. 1988/03
(学位取得)
名古屋大学 農学博士
2. 1983/04~1988/03 名古屋大学 農学研究科 生化学制御 博士課程修了 農学博士
3. 1979/04~1983/03 宇都宮大学 教育学部 中学校教員養成課程・理科 卒業 教育学士
■ 職歴
1. 2009/04 明治大学 農学部生命科学科 教授
2. 2008/04~2009/03 トロント大学 Department of Cell & Systems Biology 客員教授
3. 2007/04~2009/03 明治大学 生命科学科 准教授
4. 2000/04~2007/03 明治大学 生命科学科 助教授
5. 1997/04~2000/03 明治大学 農学部農学科 講師
全件表示(6件)
■ 教育上の業績
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2016/11/21 「新しい植物ホルモンの科学 第3版」第5章 アブシシン酸 (浅見忠男・柿本辰男編 講談社)
2. 2010/04/10 「新しい植物ホルモンの科学 第2版」第5章アブシシン酸
3. 2004/05 「図解植物分子細胞生物学」I基礎編4章、IIバイオテクノロジー編1章ほか
4. 2002/04 「新しい植物ホルモンの科学」第5章アブシジン酸
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2006/04~2008/03 明治大学図書委員
■ 所属学会
1. 1983~ 日本植物学会
2. 2017/01~ ∟ Journal of Plant Research 編集委員
3. 2016/06~ ∟ 代議員
4. 2014~2014 ∟ 第78回大会実行委員長
5. 2005~2005 ∟ 評議員
全件表示(24件)
■ 社会における活動
1. 2008/05 穂発芽研究会会長
2. 2005/01~2008/05 穂発芽研究会幹事
3. 2005/01 日本植物学会評議員
4. 2004/01~2007/12 日本植物生理学会評議員
5. 2003/09~2005/08 日本植物学会選挙管理委員長
全件表示(8件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/04~2016/03  種子の糊粉層と表皮の発達・維持に関わる新たな遺伝子の機能解析 基盤研究(C) (キーワード:種子、胚乳、糊粉層、表皮、細胞分化、小胞輸送、クラスリン被覆小胞)
2. 2000~2002  種子発芽の温度反応に関わる遺伝子の単離と機能解析 基盤研究(C) (キーワード:種子発芽、高温阻害、種皮、突然変異、アブシジン酸、T-DNAタギニグ、休眠、マンピング 、種子、発芽、温度、遺伝子、高温耐性発芽、シロイヌナズナ)
3. 1999~2001  ゲノムを基盤とする植物生理学に関する日仏共同研究 基盤研究(B) (キーワード:高等植物、ゲノム情報、遺伝子発現、植物ホルモン、胚発生、花芽形成、維管束形成、生物時計、遺伝子発現制御)
4. 1998~1999  植物アルデヒド酸化酵素の遺伝子導入植物を用いた機能解析と農業的応用 基盤研究(B) (キーワード:オーキシン、アブシジン酸、アルデヒド酸化酵素、シロイヌナズナ、トマト、遺伝子導入、遺伝子組み換え植物)
5. 1997  種子発芽の温度による調節機構の解析 国際共同研究 (キーワード:種子,休眠,温度)
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
植物分子・生理科学 (キーワード:植物生理学、種子、休眠、発芽、温度、植物ホルモン、アブシシン酸、突然変異体、遺伝子発現、分子遺伝学、化学遺伝学) 
■ 担当経験のある科目・講演等
1. 植物生理学(明治大学農学部生命科学科)
2. 植物生理学(茨城大学農学部)
3. 植物生理学(お茶の水女子大学理学部)
4. 植物生命工学(明治大学農学部農学科)
5. 植物分子遺伝学(明治大学農学部生命科学科)
全件表示(11件)