(最終更新日:2017-02-14 11:13:23)
  ナガヨシ シンイチ   NAGAYOSHI Shinichi
  長吉 眞一
   所属   会計専門職研究科
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 著書  『監査論入門(第3版)』 (共著) 2016/04
2. 著書  『監査論入門(第2版)』 (共著) 2015/03
3. 著書  『監査基準論(第3版)』 (単著) 2014/04
4. 著書  『簿記入門テキスト』 (共著) 2014/03
5. 著書  『監査意見形成の構造と分析』 (単著) 2013/07
全件表示(82件)
■ 学会発表
1. 2006/04 監査基準の変容と財務諸表監査の変革の可能性-期待ギャップの解消に向けて-(明治大学リバティ・アカデミー公開講座)
2. 2006/02 公認会計士監査の変革の可能性-財務諸表監査からの脱皮-(明治大学公認会計士会第101回例会)
3. 2003/11 税効果会計と監査(明治大学リバティ・アカデミー公開講座)
4. 2003/08 税効果会計の適用と監査判断(熊本学園大学大学院)
5. 2002/11 商法改正と企業会計(明治大学リバティ・アカデミー公開講座)
全件表示(14件)
■ 学歴
1. 2005/01
(学位取得)
明治大学 博士(商学)
2. 1976/04~1980/03 明治大学 商学研究科 商学 博士課程単位取得満期退学
3. 1973/04~1975/03 明治大学 商学研究科 商学 修士課程修了 商学修士
4. ~1973/03 明治大学 商学部 商学科 卒業
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 1.毎回出席表を回付して学生に名前を記入させている。2.座席を固定席とし,出欠を容易に把握している。3.各回授業の冒頭で,前回授業の重要な点を再確認している。4.授業内容の復習のために,各回の授業内容のレジュメを翌週に提出させている。5.授業中にランダムに当てて,内容の理解度を確認している。
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2014/05/10 『監査基準論(第3版)』(単著),中央経済社,2014年4月
2. 2013/12/20 監査論ケーススタディ25(第2版)
●実務教育についての特記事項
1. 2005/04/01 仮設例を用いた学習
■ 主要学科目
監査職業倫理,監査実施基準,監査報告基準,監査演習,監査ケーススタディA
■ 所属学会
1. 2013/07 中小企業会計研究学会
2. 2011/07 アメリカ会計学会
3. 九州経済学会
4. 日本会計研究学会
5. 日本監査研究学会
全件表示(7件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 私の授業では,監査基準について平易にしかし熱を込めて講義している。毎回の授業では,翌週の授業時までに提出することを条件としたレジュメを要求している。これは,各授業の内容をA4の用紙1枚に要約するもので,復習として確実な効果をもたらしている。実際受講している学生にも好評で,彼らは定期試験直前の復習用に活用している。なお,このレジュメには最終評価の10%相当の評価を与えている。
■ 資格・免許
1. 1983/03 公認会計士(登録番号第8004番)
■ 社会における活動
1. 2006/07~2007/06 大学基準協会評価委員会経営学専門評価分科会委員
2. 2005/07~2006/06 大学基準協会評価委員会経営学専門評価分科会主査
3. 2003/03~2007/03 文部科学省独立行政法人評価委員会臨時委員(文化分科会)
4. 1998/03~2000/07 日本公認会計士協会次世代会計士保証業務研究会研究員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2019/03  「会計上の見積りの監査における経営者の仮定の合理性と測定方法の適切性に関する研究」 基盤研究(B)(一般) 
2. 2016/04~2018/03  「監査・保証業務における統一規準の策定に関する研究」 個人研究 
3. 2014/04~2016/03  「会計上の見積りの監査に関する研究」 個人研究 
4. 2013/04~2015/03  「監査・保証業務における共通の基盤としての統一規準の策定に関する研究」 挑戦的萌芽研究 
5. 2012/04~2014/03  「財務諸表監査の変容-監査・保証業務の展開-」 個人研究 
全件表示(9件)
■ 委員会・協会等
1. 2013/05~ 公認会計士・監査審査会 「公認会計士試験制度検討小委員会」 委員
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2014/07 日本公認会計士協会学術賞-会員特別賞
2. 2005/11 監査研究奨励賞(日本監査研究学会)
■ 現在の専門分野
会計学(Accounting)