(最終更新日:2017-09-17 23:46:10)
  ストウ イサオ   Suto Isao
  須藤 功
   所属   政治経済学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 著書  『現代アメリカ経済史―「問題大国」の出現―』 (共著) 2017/05
2. 著書  『戦後アメリカ通貨金融政策の形成―ニューディールから「アコード」へ―』 (単著) 2008/02
3. 著書  『アメリカ巨大企業体制の成立と銀行―連邦準備制度の成立と展開―』 (単著) 1997/01
4. 論文  連邦準備制度の支配者たち(1915~1955年)――大恐慌期の組織改革と最高管理者の社会経済的背景 (単著) 2015/07
5. 論文  アメリカ連邦準備制度の設立目的とガバナンスの変容―第2次世界大戦前を中心に― (単著) 2015/02
全件表示(75件)
■ 学会発表
1. 2017/05/28 開発援助の形成過程―1950年代の世界銀行を中心に―(社会経済史学会第85回全国大会)
2. 2016/06/12 現代アメリカ経済史を構想する―時代区分と論点―(社会経済史学会第85回全国大会)
3. 2015/08/03 The Economic and Social Background of Directors and Presidents of the Federal Reserve Banks: the Effects of the Great Depression(XXVIIth World Economic History Congress)
4. 2014/06/08 アメリカはIMFを支配できたか?(1945-1952年(第48回アメリカ学会年次大会)
5. 2012/11/04 第二次大戦後の金融システムの変容と企業経営のインパクト(経営史学会第48回全国大会)
全件表示(9件)
■ 学歴
1. ~1985/03 名古屋大学 経済学研究科 経済学 博士課程単位取得満期退学
2. ~1982/03 横浜国立大学 経済学研究科 経済学 修士課程修了
3. 1998/04
(学位取得)
名古屋大学 博士(経済学)
4. ~1980/03 横浜国立大学 経営学部 卒業
■ 職歴
1. 2010/04~2011/03 ラトガース大学経済学部 客員研究員
2. 2009/04~2010/03 ヴァージニア大学 経済学部 客員研究員
3. 2003/04 明治大学 政治経済学部 教授
4. 2002/04~2003/03 明治大学 政治経済学部 助教授・准教授
5. 1996/04~2002/03 名古屋市立大学 人文社会学部 助教授
全件表示(9件)
■ 教育上の業績
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2012/04/30 エレメンタル欧米経済史
2. 2007/02/28 国際金融史(新・国際金融テキスト2)
3. 2001/08/08 西洋経済史学
■ 所属学会
1. 社会経済史学会
2. 2013/01~2014/12 ∟ 評議員
3. 政治経済学・経済史学会
4. 2012/11~2015/10 ∟ 理事
5. アメリカ経済史学会
全件表示(10件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012~2014  新自由主義の歴史的展開とその思想的背景 機関内共同研究 (キーワード:ネオリベラリズム,戦後資本主義,ヨーロッパ)
2. 2011  アメリカ通貨金融政策の形成過程 個人研究 (キーワード:連邦準備制度,通貨金融政策,第二次世界大戦)
3. 2010/04~2013/03  アメリカ連邦準備制度の組織運営と政策形成——創設から1950年代まで 基盤研究 (C) 
4. 2004/04~2007/03  ブレトンウッズ体制と連邦準備政策の相克――H・D・ホワイトとM・エクルズ 基盤研究 (C) 
5. 2000/04~2003/03  アメリカにおける戦後通貨金融政策構想の形成過程 基盤研究 (C) 
全件表示(6件)
■ 受賞学術賞
1. 2009 連合駿台会学術賞
2. 2004 US-Japan Short-Term Travel Grants, the Building Economic History Bridges Program, Sponsored by the Japan-U.S. Friendship Commission
3. 2002 US-Japan Short-Term Travel Grants, the Building Economic History Bridges Program, Sponsored by the Japan-U.S. Friendship Commission
4. 1997/06 アメリカ学会清水博賞
■ 現在の専門分野
経済史(Economic History)