(最終更新日:2017-10-03 16:22:51)
  カザマ ノブタカ   Kazama Nobutaka
  風間 信隆
   所属   商学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 著書  『変革期のモノづくり革新』 (共著) 2017/09
2. 著書  VWグループの新興国戦略と課題 (共著) 2014/03
3. 著書  「ドイツのコーポレート・ガバナンスと共同決定」『EU経済の進展と企業・経営』第7章 (共著) 2013/02
4. 著書  「ウッドワードの生涯と研究」『ウッドワード』第1章(経営学史学会叢書Ⅷ) (共著) 2012/05
5. 著書  『経営品質科学の研究』  2011/09
全件表示(119件)
■ 学会発表
1. 2017/03/11 ドイツ型企業統治システムの動向と課題(工業経営研究学会東日本部会定例研究会)
2. 2016/09/04 利害多元的企業統治モデル の実践と課題:Volkswagen社のケースを手掛かりとして(第89回日本経営学会全国大会自由論題)
3. 2016/07/24 企業統治指針の日独比較(管理論研究会)
4. 2016/01/30 VW排ガス不正と 利害多元的企業統治モデルの陥穽(工業経営研究学会西日本部会定例研究会)
5. 2014/11/29 ドイツ企業の統治と経営(日本経営学会関東部会)
全件表示(24件)
■ 学歴
1. 1997/07
(学位取得)
明治大学 博士(商学)
2. 1974/04~1979/03 明治大学 商学研究科 商学 博士課程
3. 1970/04~1974/04 武蔵大学 経済学部 経営学 卒業 経済学士
4.
(学位取得)
明治大学 商学修士
■ 教育上の業績
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2004/10~2006/09 商学部教務主任
2. 2000/04 体育会同好会・ソフトボール部
3. 1998/04~2000/03 学長室専門員
4. 1994~1996 商学部産業経営学科長
■ 所属学会
1. 2006/01~2018/03 経営関連学会
2. 2015/03~2018/03 ∟ 理事長
3. 2012/03~2015/03 ∟ 理事
4. 2006/01 ∟ 評議員
5. アジア経営学会
全件表示(26件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. これまで日本の経営学はドイツの経営学から多くの知見を摂取・吸収してきました。これは学問だけではなく,企業経営についても言えると思います。そこで比較経営学的アプローチに依拠しつつ,ドイツの企業経営の特質を明らかにすることで,日本の企業経営の変革への視座を得たいと考えております。特に自動車,企業統治(Corporate Governance)そして労使共同決定について研究関心があり,このドイツ的特質を剔抉することが私の研究課題です。
■ 社会における活動
1. 1990/04~2014/03 東京消防庁消防学校外部講師
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011  国際比較経営 個人研究 (キーワード:日本的経営,ドイツ的経営 トヨタ自動車,Volkswagen)
2. 2009~2012  グローバリゼーションの進展とドイツのコーポレート・ガバナンス 国内共同研究 (キーワード:資本市場,機関投資家,リストラ,共同決定)
3. 2009  ドイツ自動車産業の生産合理化 個人研究 (キーワード:"モジュラー化,プラットフォームの共有化,マスカスタマイゼーション")
4. 2007~2011  経営品質の学際的研究 国内共同研究 (キーワード:Corporate Govenance, Production system)
5. 2013/04~2016/03  VWグループにおける企業統治とモノづくりの進化 基盤研究 (C) 
全件表示(8件)
■ 受賞学術賞
1. 1998 工業経営研究学会「学会賞」
■ 現在の専門分野
経営学(Business Administration), 国際比較経営論(International Comparative Management), 自動車産業研究(Study of Aotomobile Industry)