キシ マキコ   KISHI MAKIKO
  岸 磨貴子
   所属   明治大学  国際日本学部
   職種   専任准教授
研究期間 2013~2014
研究課題 構成主義に基づいた海外フィールドワークのデザイン
実施形態 個人研究
キーワード 構成主義, 海外フィールドワーク
概要 本研究の目的は、構成主義に基づいた海外フィールドワークをデザインするためのモデルを提示することである。高等教育において、グローバル人材の育成が謳われ、その具体的な方法のひとつとして、海外フィールドワークが実施されている。海外フィールドワークの成果は、異文化コミュニケーション、異文化理解、英語表現力などの観点から報告されているが、課題も多く残されている。たとえば、一時的な海外への共感、ステレオタイプの再形成、表面的な文化理解といった問題がある。この課題に取り組むため、海外フィールド実施中の活動のデザインに加えて、事前、事後を含む海外フィールドワークのデザインが不可欠である。  そこで本研究では、高等教育で実施されている海外フィールドワークを事例として、上述した課題解決を構成主義の観点から提案し、海外フィールドワークをデザインするためのモデルを提案する。