キシ マキコ   KISHI MAKIKO
  岸 磨貴子
   所属   明治大学  国際日本学部
   職種   専任准教授
研究期間 2008~2013
研究課題 ICTを活用した海外との交流学習のデザイン
実施形態 国際共同研究
キーワード ICT, 交流学習
概要 ICTの発展により、教室の枠を超えた学習が可能になりました。国際理解教育や英語教育において、世界中の人々とつながりをもった学習ができるということは多くの可能性を含んでいます。実際に、初等教育から高等教育において、海外の児童・生徒、学生間が協働で学ぶような実践も多く実施されてきました。しかしながら、同時に、いくつかの問題も指摘されています。外国人と交流する経験を十分にもたない児童・生徒にとって、ICTを通して何かをする、まして協働で学習するということは容易ではありません。そのため、単なる挨拶で交流が終わったり、情報交換だけに終わったりといった問題も多く指摘されてきました。対面のコミュニケーションにおいても、協働で学習するようになるまでには多くの工夫が必要になります。まして、ICTを使って協働するためには、ICTの特性を考慮した上で活動をデザインする必要があります。そこで、本研究では、ICTを活用した交流学習において、児童・生徒が協働で学びあうコミュニティをいかに形成することができるかについて、Wengerの実践共同体の理論的枠組みを参考に提案していきます。