マツウラ マサヒロ   MATSUURA MASAHIRO
  松浦 正浩
   所属   専門職大学院  ガバナンス研究科
   職種   専任教授
研究期間 2017/04~2020/03
研究課題 地球規模かつ超長期の複合リスクのガバナンスにおけるミニ・パブリックスの役割
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 基盤研究(B)
科研費研究課題番号 17H01927
キーワード 科学コミュニケーション, 熟議民主主義, 気候変動, 市民参加, 脱炭素社会, 科学技術社会論, 合意形成, ミニ・パブリックス, 熟議民主主義論
代表分担区分 研究分担者
代表者 三上 直之
概要 本研究では「脱炭素社会への転換と生活の質」をテーマとした模擬的な市民パネル(市民陪審)の試行を通じて,地球規模かつ超長期のリスクの問題をめぐり,社会的な議論を喚起し合意形成の可能性を探る方法として,一般市民を対象とした無作為抽出型の市民パネルが持つ有効性と,その継続的な活用の必要性が示された。今後とくに,気候変動対策をめぐる政策対話の一環として,利害関係者等による議論と並んで,この種の方法が幅広く活用されることが期待される。