マツウラ マサヒロ   MATSUURA MASAHIRO
  松浦 正浩
   所属   専門職大学院  ガバナンス研究科
   職種   専任教授
研究期間 2020/04~2023/03
研究課題 公正な脱炭素化に資する気候市民会議のデザイン
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 基盤研究(B)
科研費研究課題番号 20H04387
キーワード 気候市民会議, 市民参加, 科学技術社会論, 合意形成, 熟議民主主義論
代表分担区分 研究分担者
代表者 三上 直之
概要 本研究の目的は,欧州諸国などで導入が進んでいる気候変動対策に関する無作為抽出型の市民会議(気候市民会議=climate citizens' assembly)について,その実施状況や背景を把握するとともに,日本における応用・実装の可能性と随伴する諸課題を実証的・理論的に解明することである。諸外国における気候市民会議の最新動向を調査しつつ,国内で模擬的な気候市民会議を試行し,日本における応用・実装の方法論を開発する。これらを通じて,誰一人取り残さない公正な脱炭素化の実現に資する気候市民会議のデザインを提案する。