イズモ アキコ   IZUMO AKIKO
  出雲 明子
   所属   専門職大学院  ガバナンス研究科
   職種   専任教授
研究期間 2016/04~2019/03
研究課題 政官関係の分離と融合に関する研究:公務員の議員兼職の可能性
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 基盤研究(C)
科研費研究課題番号 16K03487
キーワード 無投票, 地方議会, 人口減少社会, 政治的中立性, 政治学, ボランティア議会, 議員兼職, 地方公務員法, 統一地方選挙, 無投票当選, 地方議会の担い手, 公務員制度, 議会同意, 公務員の議員兼職, 議員のなり手, 公職選挙法, 労働法, 町村議会, 行政学
代表分担区分 研究代表者
代表者 出雲 明子
概要 本研究終了直後の2019年4月には、統一地方選挙が行われ、前回以上に多数の無投票当選の議員が生まれた。この期間、本研究がテーマとしたような、なり手不足の解消に向けた取り組みが行われなかったためである。今後、無投票当選を超えて、定数割れを起こす事態が想定されており、できるだけ早く、なり手を増やす取り組みが求められる。本研究は、無投票を日本社会に対して問題提起したことに意義がある。また、問題提起のみならず、具体的な解決方法を提示していることには、学術的意義がある。会社員や公務員が議員を兼職するためには、議会制度、労働法、公務員法を見直す必要性を指摘した。