アオヌマ キミアキ   AONUMA Kimiaki
  青沼 君明
   所属   専門職大学院  グローバル・ビジネス研究科
   職種   専任教授
研究期間 2014~2014
研究課題 タイ予兆のためのマクロ指標分析
実施形態 個人研究
代表分担区分 研究代表者
概要 構造変化を定義関数によって表現した回帰分析や、自己回帰モデルなどを応用し、マクロファクターの選定、不良債権比率を推定した結果、インサンプルデータによる検証では、マクロ指標と自己回帰AR(1)とその階差の3変数で推定するモデルが、保守性があり推定誤差が少ない結果となった