キシ マキコ   KISHI MAKIKO
  岸 磨貴子
   所属   明治大学  国際日本学部
   職種   専任准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2016/03
形態種別 学術雑誌
招待論文 招待あり
標題 実践のデザイナーとしての現場・実践への接近法
執筆形態 単著
掲載誌名 異文化間教育学
掲載区分国内
出版社・発行元 異文化間教育学会
巻・号・頁 43,32-48頁
概要 本稿では本特別課題研究を通して実践のデザイナーとしての私の「現場・実践への接近法」の軌跡を4つの段階に分けて振り返った.第一に,現場・実践に第3者として接近した時は現場を変革させようという意図はなく,ただ現場の人の目線から彼らの世界を理解しようとした.第二に,そのあとに続く実践者の私は,現場には現場・実践には関与するが,現場の考え方ややり方を尊重し違和感を感じながらも彼らのニーズに合わせて関わった.第三に,教育工学の研究者としての私は,工学的アプローチから現場の問題を分析し,協働的に問題解決に取り組んだ.一方で工学的アプローチの限界を感じた.最後に,このような葛藤を通して,私にとっての研究の営為とは何かについて考えさせられる中,実践的研究者として実践に関わるようになった.
本稿では,実践的研究者としての「私」がどのように現場・実践に接近したかについて、インドにおける海外フィールドワークを事例に述べた.そして,その経験を通して, 現場で何が起こっているかを社会文化的アプローチから解釈し,そこで見えてきたことをもとに環境へ働きかけ,その先の実践を作り上げていく接近法の可能性を感じた.私の「現場・実践への接近法」 は未だ試行錯誤であるが,これまでの経験を振り返ることで,自己内の葛藤とそこでの対話を可視化し,未来における「現場・実践への接近法」に貢献したい.