キシ マキコ   KISHI MAKIKO
  岸 磨貴子
   所属   明治大学  国際日本学部
   職種   専任准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/03
形態種別 学術雑誌
標題 シンキングツール活用による授業設計の変容-複線径路・等至性アプローチからの考察-
執筆形態 共著(筆頭者以外)
掲載誌名 日本教育工学会研究報告集
掲載区分国内
巻・号・頁 17(6)
著者・共著者 三宅貴久子・岸磨貴子・久保田賢一
概要 本研究の目的は,シンキングツール導入後の授業設計の変容について,3名の教師のインタビュー調査をもとに明らかにすることである.本研究では,複線径路・等至性アプローチ(以下,TEA)から,教師が【状況に応じたシンキングツール選択による授業を展開する(等至点)」までのプロセスを時系列で捉え,直面した葛藤(分岐点)とその解決の際,置かれている社会歴史的文脈(社会的助勢および社会的方向づけ)を明らかにする.分析の結果,【シンキングツール活用法に対する不安」と【シンキングツール活用に対する違和感」の2つの共通の分岐点がみられた.