ヒラヤマ マキ   HIRAYAMA MAKI
  平山 満紀
   所属   明治大学  文学部
   職種   専任准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/03
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 情報化時代の日本における基本姿勢と中心感覚―新たなボディバランスのための一考察―
執筆形態 単著
掲載誌名 情報と社会
出版社・発行元 江戸川大学
巻・号・頁 (17),1-7頁
概要 明治以降,西洋の身体技法を国家的に導入したため,「よい姿勢」「中心感覚」の基準自体が動揺したことが,現在日本人の,世界一といわれる姿勢の悪さの原因と考えられる。情報化で身体の使い方が激変し,却って身体文化の研究や実践も盛んになった現在,日本人の基本姿勢や中心感覚の再構成の試みもある。本稿では「腰肚文化の再生」「7つの身体意識」を検討し,単なる復旧や,姿勢の正しさの硬直化の問題点も指摘した。