ヒラヤマ マキ   HIRAYAMA MAKI
  平山 満紀
   所属   明治大学  文学部
   職種   専任准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/06
形態種別 著書
標題 母性社会の行方
執筆形態 単著
出版社・発行元 紀伊國屋書店
概要 高度経済成長期に日本はしばしば「母性社会」と論じられてきた。その意味は論者により,母子関係の密着,価値としての母の観念の存在,母の身体が自然的な雰囲気/能力をもつこと,男女関係と母子関係の類似,甘えや察しあいの人間関係,心理的機能で切断よりも包摂が強い,無限抱擁的な救済観,など諸次元に亘る。本書では次元の違いに留意しつつ,フィールドワークなどに基づき,現在までの母性社会の変容を,実証的に描いた。