ヤマシタ ヒロシ   Yamashita Hiroshi
  山下 洋史
   所属   明治大学  商学部
   職種   専任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/11
形態種別 大学・研究所紀要
査読 査読有り
標題 バブル期の財務データを用いた一因子二段階情報路モデル
執筆形態 共著(筆頭者)
掲載誌名 明大商学論叢
巻・号・頁 94(1),1-18頁
著者・共著者 鄭 年皓,山本 昌弘
概要 本研究では、まずバブル経済崩壊前の1989年度と崩壊後の1991年度の会計データそれぞれについて、業種別・指標別に一因子情報路モデルにより各銘柄(企業)の選択比率の推定を試みている(第1段階の一因子情報路モデル)。こうして業種別・指標別に推定した各銘柄(企業)の選択比率に対し、会計データの各指標値との積和を取ることにより、業種ごとの期待値を算出した上で、この期待値を基に業種をサンプルとした一因子情報路モデルによる選択比率の推定を、バブル経済崩壊前後の1989年度と1991年度についてそれぞれ行っている(第2段階の一因子情報路モデル)。さらに、推定された銘柄の選択比率と業種の選択比率の積により、業種横断的な各銘柄の選択比率を算出し、この選択比率を基に、バブル経済崩壊前後の銘柄選択行動の変化を知ることによって得られる情報量(獲得情報量)を、K-L情報量(Kullback & Leibler,1951)により定量化している。
ISSN 0389-5955