Ozeki Naoko
   Department   Undergraduate School  , School of Global Japanese Studies
   Position   Professor
Language English
Publication Date 1996
Type Bulletin of Universities and Institutes
Title The Roles of Formulaic Language in Second Language Acquisition
Contribution Type Sole-authored
Journal 人文科学論集(名古屋経済大学・市邨短期大学紀要)
Volume, Issue, Page (58),pp.23-27
Author and coauthor Naoko Ozeki
Details 現代の第2言語習得理論の中でformulaic languageの果たす役割は必要以上に軽視されている。本稿ではformulaic languageの定義、分類、特徴を整理した後に、formulaic languageの第2言語習得に於ける重要な役割を論じている。その役割とは、学習者は言語システムを習得する前にformulaic languageを使い、コミュニケーションを可能にすること、学習者の感情表現の欲求を満たすこと、学習者の言語情報処理システムの負担を減少させることなどがある。しかしながら、formulaic languageの一番重要な役割とは、言語システムの発達に貢献しているということである。つまり、formulaic languageと creative languageは対極に位置しているものではなく、お互いに連続体に位置しているものであり、native speaker レベルの言語習得度に達するにはformulaic language が必要不可欠であるということを論じている。