Ozeki Naoko
   Department   Undergraduate School  , School of Global Japanese Studies
   Position   Professor
Language English
Publication Date 1996/09
Type Bulletin of Universities and Institutes
Title Reexamination of Krashen's Monitor Theory
Contribution Type Sole-authored
Journal 人文科学論集(名古屋経済大学・市邨短期大学紀要)
Volume, Issue, Page (59),pp.31-36
Author and coauthor Naoko Ozeki
Details クラシャンのモニター理論は最初に発表されて以来20年間、最も影響を与えた第2言語習得理論であり、英語教育界にさまざまな変化をもたらした。しかしながら、その理論に対するきびしい批判もモニター理論が発表されて以来、依然として続いている。本稿は、クラシャンのモニター理論を構成する5つの仮説とそれぞれの仮説に対する批判を論説し、5つの仮説をどのように修正すれば最近の第2言語習得理論と整合できるかを論じている。