サカイ カズオ   Sakai Kazuo
  阪井 和男
   所属   明治大学  法学部
   職種   専任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2014/11
形態種別 その他
標題 行動観察を用いた多重知能理論にもとづく芸術系ワークショップの評価と特徴
執筆形態 共著(その他)
掲載誌名 第15回口頭発表論文集
掲載区分国内
出版社・発行元 情報コミュニケーション学会
巻・号・頁 3-12頁
著者・共著者 阪井和男・戸田博人・内藤隆・有賀三夏・片桐隆嗣
概要 pp. 3-12
ワークショップ評価の方法を提案する。講師と参加者の行動を記録し分析する行動観察を用い、ハワード・ガードナーの多重知能理論による8つの知能の観点から分析する方法を試行した。対象としたのは、東 北芸術工科大学創造性開発研究センターが主催する「夏のワークショップ祭」(2014年8月11日、17~18日)で実施された9つの芸術系ワークショップであり、合計で小学生88名が参加した。分析の結果、ワークショップのデザイン上の問題点が明らかにされた。