サカイ カズオ   Sakai Kazuo
  阪井 和男
   所属   明治大学  法学部
   職種   専任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2014/10
形態種別 著書
標題 社会生態学(知の新領域を開く)
執筆形態 その他
掲載誌名 『ドラッカー(人・思想・実践)』,ドラッカー学会監修,三浦一郎・井坂康志編著
掲載区分国内
出版社・発行元 文眞堂
巻・号・頁 161-171頁
概要 第9章,pp. 161-171 分担執筆
マネジメントを発明したドラッカーは、自分を社会生態学者と呼んでいます。社会生態学の目的は、社会のあらゆる機関が機能するように改善することです。機能する社会をつくり、個人がコミュニティ内での尊厳や位置づけ、社会での意味ある居場所を得られるようにする。そのために、社会や組織、個人に影響を与える未来の傾向を見定め、経営者への規範的な助言を考え出しました。そのプロセスこそがマネジメントを生み出すのです。