サカイ カズオ   Sakai Kazuo
  阪井 和男
   所属   明治大学  法学部
   職種   専任教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2003/11
形態種別 その他
標題 組織における戦略行動のゆらぎと自発的なカオス的遷移
執筆形態 単著
掲載誌名 第18回ゆらぎ現象研究会抄録集,日本ゆらぎ現象研究会
巻・号・頁 24-27頁
著者・共著者 阪井和男
概要 企業は変動する環境の下に置かれている.この変動する環境へ適応しようとする意思決定の結果は,企業組織の戦略行動として現れる.長期にわたって活動している企業では,外部環境に急激な変化がなくても,戦略行動のパターンが特定の時点を境に劇的に変化する場合がある.これは,転換点で組織文化が変容したためと解釈される.本研究の目的は,この自発的な組織文化の変容が,どんなメカニズムでもたらされるかを明らかにすることである.
はじめに,組織文化が変容するときの戦略行動を詳細に分析した桑田(1)の結果をまとめる.これをもとに,企業組織に対する認知科学的な数理モデルとして,戦略行動を決定付ける方略スキーマモデルを提案する.これに組織文化の学習効果を導入することによって,自発的なカオス的遷移が引き起こされることを示す.