キシ マキコ   KISHI MAKIKO
  岸 磨貴子
   所属   明治大学  国際日本学部
   職種   専任准教授
発表年月日 2019/09/06
発表テーマ 研究者の弁証法的立ち位置と実践のデザイン
会議名 認知科学会第36回大会
主催者 認知科学会
学会区分 全国学会
発表形式 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
単独共同区分 単独
招待講演 招待講演
概要 研究者が現場に入ると現場の状況は多様に変化する.「研究」の目的は,知見の文書化だけではなく,現場に実践的な介入策を提案することも含まれる.ところが,文書化することと実践することには常に時間差が生じる.「いま,ここ」でのデータを収集し,分析し,実践的な介入策を提案する時には,すでに状況が異なることがある.また,実践をしながら介入する「私」も常に変化をする.本発表では,こういった「変化」の中での「研究」には何が必要かについて議論したい.