ヤマシタ ヒロシ   Yamashita Hiroshi
  山下 洋史
   所属   明治大学  商学部
   職種   専任教授
発表年月日 2016/10/16
発表テーマ 主観的リスク評価課程における知識生成プロセス(講演論文集,pp.216-219)
会議名 第57回日本経営システム学会全国研究発表大会
主催者 日本経営システム学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 札幌大学
発表者・共同発表者 上原 衞, 相撲 佐希子
概要 本研究では,リスク評価過程には,定量的に評価できる客観的リスク評価過程と,不確実性下における潜在的リスクを評価する主観的リスク評価過程が存在することを前提に,後者の主観的リスク評価過程について論じている.そこで,リスク・マネジメント論の立場から,広義のリスクを狭義のリスクとハザードに区分した上で,人間が情報を入手し知識を生成する作業を経て主観的リスクを評価するプロセスの概念整理を行うために,山下の「知識と情報に関する概念フレームワーク」に基づき,ハザード知覚が知識の生成過程に該当し,この知識によって主観的リスクを推測する過程がリスク知覚に相当するという「主観的リスク評価過程における知識生成プロセス」を提示している.