サカイ カズオ   Sakai Kazuo
  阪井 和男
   所属   明治大学  法学部
   職種   専任教授
発表年月日 2016/01/30
発表テーマ オーガナイズドセッション:芸術思考とデザイン思考
会議名 思考と言語研究会(TL)「芸術思考・デザイン思考、及び思考と言語一般」
主催者 電子情報通信学会
発表形式 シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
開催地名 TL2015-64
発表者・共同発表者 有賀三夏、村山眞理、秋山ゆかり、戸田博人、阿部明典、原田康也、阪井和男
概要 近年「デザイン思考」が強力なイノベーション手段として認知されつつあります。これは人間中心アプローチにもとづいており、対象顧客と目標ともに明確な場合に有効なものです。これにたいして、対象顧客がはっきりせず目標も不明確な場合もあります。このような場合のアプローチのひとつとして「芸術思考」が提唱されています。今回のパネルディスカッションでは、これら2つの思考方法を創造性の観点から比較検討してみましょう。

14:30-17:00 有賀三夏(東北芸術工科大学)「芸術思考の発想」
14:30-14:50 村山眞理(東京農工大学)「芸術思考による人材育成」
14:50-15:10 秋山ゆかり((株)Leonessa)「芸術思考による新規事業開発 」
15:10-15:30 <休憩>
15:30-15:50 戸田博人(熊本大学)「芸術思考とデザイン思考」
15:50-16:10 阿部明典(千葉大学)「検討中」
16:10-16:30 原田康也(早稲田大学)「野生の思考:街場の言語学とパッチワークデータサイエンス」
16:30-17:00 パネル
コーディネータ:阪井和男(明治大学)