キシ マキコ   KISHI MAKIKO
  岸 磨貴子
   所属   明治大学  国際日本学部
   職種   専任准教授
項目区分 教育方法の実践例
項目区分 2014/04/01~
事項 大講義におけるアクティブラーニングの実践
概要 300人の受講生が,講義を「深く考えながら」聴講できる工夫をしている.たとえば,グラフィック・レコーディングによるノートテイキングである.聴講した内容を既習事項や経験を関連させながら図や表で示していく.これを他の受講生と共有することで,受講生が講義に関する幅広い気づきや問いを持つきっかけを作る.これらの新しい気づきや問いを土台に,探求学習やディスカッションなどグループ活動を導入し,発展的に授業を展開している.