(最終更新日:2018-12-08 15:07:18)
  タケナカ アサコ   Takenaka Asako
  竹中 麻子
   所属   明治大学  農学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2018 著書  動物学の百科事典 (共著) 
2. 2018 論文  Effects of eicosapentaenoic acid and docosahexaenoic acid on anxiety-like behavior in socially isolated rats (共著) 
3. 2018 論文  Importance of Serum Amino Acid Profile for Induction of Hepatic Steatosis under Protein Malnutrition (共著) 
4. 2018 論文  Testosterone represses urinary excretion of the alpha-tocopherol metabolite alpha-carboxymethylhydroxychroman in rats (共著) 
5. 2017 著書  農学が世界を救う!(岩波ジュニア新書) (共著) 
全件表示(79件)
■ 学会発表
1. 2018/10/21 タンパク質欠乏による肝臓脂肪増加とVLDLR発現増加の関連性(日本アミノ酸学会)
2. 2018/10/21 分岐鎖アミノ酸の添加・欠乏がタンパク質欠乏による脂肪肝に及ぼす影響(日本アミノ酸学会)
3. 2018/10/13 クランウェルツノガエルにおけるビタミンE同族体の選択的体内保持(日本農芸化学会 関東支部大会)
4. 2018/05/12 Fibroblast growth factor21による肝臓コレステロール蓄積抑制機構の解析(日本栄養・食糧学会)
5. 2018/05/12 タンパク質低栄養が誘導するFGF21による肝臓脂肪蓄積抑制機構の解析(日本栄養・食糧学会)
全件表示(142件)
■ 学歴
1. 東京大学 農学系研究科 農芸化学 修士課程修了
2. 東京大学 農学系研究科 農芸化学 博士課程中退
3. 東京大学 農学部 農芸化学科 卒業
4. 東京大学 博士(農学)
■ 職歴
1. 2012/04 明治大学 農学部 教授
2. 2003/04~2012/03 明治大学 農学部 助教授
3. 1997/05~2003/03 山形大学 農学部 助教授
4. 1990/11~1997/04 東京大学 農学部 助手
■ 所属学会
1. GRS and the IGF Society
2. 日本栄養・食糧学会
3. 日本生化学会
4. 日本農芸化学会
5. 2011/04 ∟ 和文誌編集委員
全件表示(12件)
■ 社会における活動
1. 2010/05~2010/11 明治大学・成田社会人大学講師
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2018/03  ビタミンE吸収・代謝における性差の機構解明 基盤(C) 
2. 2012/04~2014/03  酸化ストレスによる不安増加の新しい分子機構の解明 基盤研究 (C) 
3. 2009/04~2012/03  ビタミンEの不安制御機能の解明 基盤研究 (C) 
4. 2007/04~2009/03  ストレスに応答したIGFBP-1遺伝子転写制御の分子機構 基盤研究 (C) 
5. 2004/04~2006/03  糖尿病により起こる酸化ストレス増加の新しい分子機構の解明 基盤研究 (C) 
全件表示(14件)
■ 委員会・協会等
1. 2012~ (独)日本学術振興会山岳協力研究委員会 レドックス・ライフイノベーション第170委員会 委員
2. 2011~2012 文部科学省 サイエンス・インカレ 審査員
3. 2011~2013 国家公務員採用試験専門委員
4. 2010~2011 科学研究費助成事業 審査委員
5. 2008/03~ 多摩区健康づくり推進会議 委員
全件表示(6件)
■ 受賞学術賞
1. 2002 日本農学進歩賞
2. 1998 日本栄養・食糧学会 奨励賞
■ 現在の専門分野
食品科学・栄養科学(Food Science and Nutritional Chemistry) (キーワード:酸化ストレス、ビタミンE、α-トコフェロール、α-トコフェロール輸送タンパク質、不安行動、低タンパク質食)