photo
    (最終更新日:2020-06-08 16:11:06)
  ナガオ ススム   Nagao Susumu
  長尾 進
   所属   明治大学  国際日本学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2020/03 著書  Study of the Meanings and the Concept of the Technical Term "budo": Redefinition and Sharing in Internationalization of Budo Research (Interim Report) (単著) 
2. 2020/03 著書  平成29・30年度全日本剣道連盟広報・資料小委員会(西日本)報告書 戦前・青年団における剣道の実施状況について (共著) 
3. 2019/11 論文  剣道の文化誌─剣術・撃剣・剣道、その文化としての成り立ち:最終回 戦後の復活と発展、剣道の将来 (単著) 
4. 2019/10 論文  剣道の文化誌─剣術・撃剣・剣道、その文化としての成り立ち:第23回 競技としての隆盛、戦時下の剣道 (単著) 
5. 2019/09 論文  剣道の文化誌─剣術・撃剣・剣道、その文化としての成り立ち:第22回 「剣道」の定着、団体教授法、学生剣道 (単著) 
全件表示(133件)
■ 学会発表
1. 2019/09/06 術語 budo,bujutsu,bugei の意味内容に関する研究: ドン・F・ドレーガーの事績と、ホプロロジーをてがかりとして(日本武道学会第52回全国大会)
2. 2019/03/23 Considering the Technical Terms "budo" and "bujutsu": Focusing on Donn F. Draeger's Literary Works and Training(International Forum for the Grant-in Aid for Scientific Research(c) No. 18K10941)
3. 2017/09/07 To what areas should the study of budo extend?: With the descriptions of Donn.F.Draeger as a clue(2017 International Budo Conference)
4. 2016/09 隈元實道『武道教範』再考(日本武道学会第49回大会)
5. 2015/09 Acceptance and sublimation of aggressiveness and violence in Japanese martial arts: From a view-point of the history of the techniques and equipment used in budo(The 1st World Congress on Health and Martial Arts in Interdisciplinary Approach)
全件表示(48件)
■ 学歴
1. 1976/04~1980/03 筑波大学 体育専門学群 卒業
2. 1980/04~1981/03 筑波大学 聴講生
3. 1981/04~1983/03 筑波大学 体育研究科 体育方法学 修士課程修了
4.
(学位取得)
筑波大学 体育学修士
■ 職歴
1. 2008/04~ 明治大学 国際日本学部 専任教授
2. 2002/04~2008/03 明治大学 商学部 専任教授
3. 1997/04~2002/03 明治大学 商学部 専任助教授
4. 1994/04~1997/03 明治大学 商学部 専任講師
5. 1993/04~1994/03 明治大学 商学部 専任助手
全件表示(11件)
■ 学内役職・委員
1. 2020/04/01~ 明治大学 博物館副館長
2. 2012/04/01~2016/03/31 明治大学 副学長
3. 2012/04/01~2016/03/31 明治大学 学長室専門員長
4. 2010/04/01~2012/03/31 明治大学 国際日本学部国際日本学科長
5. 2008/04/01~2010/03/31 明治大学 国際日本学部教務主任
全件表示(8件)
■ 主要学科目
武道文化論
■ 所属学会
1. Forum for Budo Culture
2. スポ-ツ史学会
3. 日本体育学会
4. 日本武道学会
5. 2020/04~ ∟ 理事長
全件表示(7件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2015/04~2016/03 スーパーグローバル大学等事業「スーパーグローバル大学創成支援(タイプB グローバル化牽引型)」担当副学長
2. 2014/10~2016/03 女性研究者研究活動支援事業(一般型)実施責任者
3. 2012/09~2016/03 大学間連携共同教育推進事業「国際機関等との連携による国際協力人材育成プログラム」事業推進責任者 (立教大学、国際大学との共同事業)
■ 資格・免許
1. 2006/11/27 剣道 八段
2. 1998/11/26 剣道 教士
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2021/03  術語「budo」の示す意味内容・概念の研究:武道研究国際化における再定義と発信 基盤研究(C) (キーワード:budo, 武道, martial arts, martial ways, bujutsu)
2. 2011/04~2014/03  武道文化に関するオンデマンド英語教材の開発(研究分担者「海外需要の把握・基礎研究」 研究代表者:筑波大学・酒井利信) 基盤研究 (B) 
■ 委員会・協会等
1. 2019/06~ (一財)全日本剣道連盟 国際委員会 委員
2. 2019/06~ (一財)全日本剣道連盟 広報・資料小委員会 委員長
3. 2011/09~ 全日本剣道連盟 称号段位委員会 委員
4. 2007/09~2009/08 全日本剣道連盟 称号段位委員会 幹事
5. 1997/09~ 全日本剣道連盟 広報委員会資料小委員会 委員
■ 受賞学術賞
1. 1989/09 日本武道学会 優秀論文賞
■ 現在の専門分野
身体教育学(Physical Education)