(最終更新日:2020-09-18 13:50:18)
  アキヤマ マサカズ   AKIYAMA MASAKAZU
  秋山 正和
   所属   機構・農場  研究・知財戦略機構
   職種   特任准教授
■ 著書・論文
1. 2020 論文  Osmotic Gradient Induces Stable Dome Morphogenesis on Extracellular Matrix (共著)  Link
■ 学会発表
1. 2020/12/03 動物繊維をもちいたオタマボヤの「ハウス」建築(第43回日本分子生物学会年会)
2. 2020/09/20 上皮細胞シートが引き起こす浸透圧勾配依存的なパターン形成とその数理モデル(2020年度(第30回)日本数理生物学会年会)
3. 2020/09/08 ゲル基質上の上皮細胞シー卜が引き起こす浸透圧勾配依存的なドーム形成とその数理モデル(日本応用数理学会2020年年会)
4. 2020/09/08 人間の心臓はなぜ左側に偏っているのか?~生物の形の非対称性とその数理~(第81回応用物理学会秋季学術講演会)
5. 2020/02/01 ショウジョウバエ複眼の四角形化現象とその数理モデル(CREST、さきがけ数学領域合同シンポジウム)
全件表示(199件)
■ 学歴
1. 2007/04~2010/03 広島大学 理学研究科 修了 博士(理学)
2. 2005/04~2007/03 広島大学 理学研究科 数理分子生命理学専攻 修士課程修了 修士(理学)
3. 2002/04~2005/03 広島大学 理学部 数学科 卒業
■ 職歴
1. 2012/07~2019/04 国立大学法人北海道大学 電子科学研究所 助教
2. 2012/04~2012/06 国立大学法人九州大学大学院数理学研究院 マスフォアインダストリ研究所 学術研究員
3. 2011/12~2012/03 国立大学法人広島大学 大学院数理分子生命理学専攻 研究員
4. 2011/02~2011/11 国立大学法人九州大学 大学院数理学研究院 学術研究員
5. 2010/04~2011/01 国立大学法人 北海道大学 電子科学研究所 博士研究員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/10~2025/03  結晶構造シミュレーターの開発 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2019/04~2022/03  新しい細胞多面体モデルの構築に関する数理的研究 基盤研究(C) (キーワード:応用数学, Vertex Dynamics Model, 数理モデル)
3. 2016/04~2018/03  平面内細胞極性の向きを逆転させる未知の機構の解析 挑戦的萌芽研究 (キーワード:細胞・組織, 発生・分化, 数理モデル, 平面内細胞極性, PCP)
4. 2016/04~2019/03  組織の力学的基盤を司る第三のPCP制御グループを介した新たなPCP調節機構の解明 基盤研究(B) (キーワード:細胞・組織, 発生・分化, 平面内細胞極性, PCP, 極性)
5. 2015/11~2020/03  3D形態ロジックの国際共同研究を加速するバーチャル研究所 新学術領域研究(研究領域提案型) (キーワード:力学, システムバイオロジー, 形態形成, シミュレーション, 3D形態, 物理計測, 三次元, 数理モデル, 発生, メカノバイオロジー, 3次元)
全件表示(9件)
■ 受賞学術賞
1. 2014/03 日本数学会応用数学研究奨励賞
2. 2008/09 第18回日本数理生物学会大会 ポスター賞
■ 現在の専門分野
生物系, 発生生物学, 数学基礎・応用数学, 形態・構造, 発生生物学 (キーワード:数理モデル、平面内細胞極性、発生・分化、細胞・組織、PCP、形態形成、3次元、シミュレーション、物理計測、三次元) 
■ 取得特許
1. 2013/06/11 THREE-DIMENSIONAL OBJECT DISPLAY CONTROL SYSTEM AND METHOD THEREOF(US8,462,105 B2)
2. 2010/04/16 3次元物体表示制御装置及びその方法(特許4493730)