(最終更新日:2020-01-12 18:04:50)
  イチノセ マサシ   ICHINOSE Masashi
  一之瀬 真志
   所属   明治大学  経営学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2020/01 論文  KCa and KV channels modulate the venoarteriolar reflex in non-glabrous human skin with no roles of KATP channels, NOS, and COX. (共著) 
2. 2019/08 論文  Tetraethylammonium, glibenclamide, and 4-aminopyridine modulate post-occlusive reactive hyperemia in non-glabrous human skin with no roles of NOS and COX. (共著) 
3. 2019/04 論文  Difference in the integrated effects of sympathetic vasoconstriction and local vasodilation in human skeletal muscle and skin microvasculature. (共著) 
4. 2018/09 論文  Muscular blood flow responses as an early predictor of the severity of diabetic neuropathy at a later stage in streptozotocin-induced type I diabetic rats: a diffuse correlation spectroscopy study. (共著) 
5. 2018/08 論文  Sympathoexcitation constrains vasodilation in the human skeletal muscle microvasculature during post-occlusive reactive hyperemia. (共著) 
全件表示(59件)
■ 学会発表
1. 2019/09/19 筋収縮が誘起する迅速な活動筋血管拡張反応‐拡散相関分光法を用いた検討‐(第74回日本体力医学会大会)
2. 2019/09/19 動脈血酸素分圧および二酸化炭素分圧が運動中息止め時の循環応答に及ぼす影響(第74回日本体力医学会大会)
3. 2019/09/19 運動時及び回復時の呼吸循環応答に及ぼす運動前自発的過換気の影響‐運動強度に着目‐(第74回日本体力医学会大会)
4. 2019/09/19 動脈血二酸化炭素分圧低下を伴う運動前自発的過換気が運動と息止めを同時に開始した時の循環応答に及ぼす影響(第74回日本体力医学会大会)
5. 2019/05/31 Integrated Effects of Sympathetic Vasoconstriction and Local Vasodilation in Human Skeletal Muscle and Skin Microvasculature(American College of Sports Medicine 66th Annual Meeting)
全件表示(107件)
■ 学歴
1. 2000/04~2005/03 筑波大学 体育科学研究科 体育科学 博士課程修了 博士(学術)
2. 1996/04~2000/03 茨城大学 教育学部 保健体育科 卒業
■ 職歴
1. 2017/04~ 明治大学 経営学部 専任教授
2. 2012/04~2017/03 明治大学 経営学部 専任准教授
3. 2009/04~2012/03 明治大学 経営学部 専任講師
4. 2008/04~2009/03 米国ウエイン州立大学 医学部生理学研究科 専任研究員
5. 2006/08~2008/02 米国ウエイン州立大学 医学部生理学研究科 客員研究員
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 2005/04 American College of Sports Medicine
2. 2005/03 American Physiological Society
3. 2002/09 日本運動生理学会
4. 2001/07 日本体力医学会
■ 資格・免許
1. 2000/03/25 小学校教諭一種免許(茨城県教育委員会 平十一 小一 第三二五号)
2. 2000/03/25 中学校教諭一種免許 保健体育(茨城県教育委員会 平十一 中一 第四一三号)
3. 2000/03/25 高等学校教諭一種免許 保健体育(茨城県教育委員会 平十一 高一 第四六四号)
■ 社会における活動
1. 2011/11~2011/11 茨城県立日立第一高等学校健康教育講座講師
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~  運動開始時の迅速な活動筋血流反応とトレーニング効果の解明:拡散相関分光法を用いて 基盤研究(B) 
2. 2016/04~  活動筋血流量反応とトレーニング効果の解明‐拡散相関分光法による新測定法を用いて‐ 基盤研究(B) 
3. 2015/04~2018/03  運動時における動脈血圧調節‐大動脈弓圧受容器反射の働き‐ 挑戦的萌芽研究 
4. 2013/04~2016/03  反射性循環調節が活動筋血流量と運動パフォーマンスに及ぼす影響 若手研究 (A) 
5. 2012/04~2014/03  運動時における血中免疫細胞動態と循環・自律神経・ホルモン分泌調節の関係性 挑戦的萌芽研究 
全件表示(8件)
■ 受賞学術賞
1. 2014/09 大塚スポーツ医科学賞 奨励賞
■ 現在の専門分野
スポーツ科学(Sports Science) (キーワード:運動,健康,血圧,循環調節,自律神経,トレーニング,動脈圧受容器反射,筋代謝受容器反射,心肺圧受容器反射,起立性ストレス,起立性低血圧)