photo
    (最終更新日:2021-10-30 22:07:32)
  ナカムラ タカヒロ   NAKAMURA Takahiro
  中村 孝博
   所属   明治大学  農学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 2021/11 論文  Chronic methamphetamine uncovers a circadian rhythm in multiple-unit neural activity in the dorsal striatum which is independent of the suprachiasmatic nucleus. Neurobiology of sleep and circadian rhythms 11,pp.100070 (共著) 
2. 2021/05 論文  Circadian clock regulates tear secretion in the lacrimal gland. Experimental eye research 206,pp.108524 (共著) 
3. 2021/02 論文  GABA from vasopressin neurons regulates the time at which suprachiasmatic nucleus molecular clocks enable circadian behavior. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 118(6) (共著) 
4. 2021 論文  Diurnal Variation in Trigeminal Pain Sensitivity in Mice. Frontiers in neuroscience 15,pp.703440 (共著) 
5. 2021 論文  Editorial: Development of Circadian Clock Functions. Frontiers in neuroscience 15,pp.735007 (共著) 
全件表示(62件)
■ 学会発表
1. 2019/12/09 The circadian clock in mammals(ICMMA2019 International Conference on "Spatio-temporal patterns on various levels of the hierarchy of life")
2. 2018/10/19 Testosterone replacement exacerbates the age-related decline in circadian rhythmicity(International Symposium on Biological Rhythms)
3. 2018/07/12 Effects of the isolation of suprachiasmatic nucleus on circadian rhythmicity(Asian Forum on Chronobiology in 2018 (AFC/ASRS/JSSR Joint Symposium 2: Circadian Pacemaker and Sleep-Wake cycle))
4. 2018/05/12 Effects of the isolation of suprachiasmatic nucleus on circadian rhythmicity(SRBR meeting 2018)
5. 2018/03/28 Effects of the isolation of suprachiasmatic nucleus on circadian system(第95回日本生理学会大会)
全件表示(26件)
■ 学歴
1. 2005/03/25
(学位取得)
名古屋大学 博士(農学)
2. 名古屋大学 生命農学研究科 応用分子生命科学専攻 博士課程修了 博士(農学)
3. 横浜市立大学 医学研究科 医科学専攻 修士課程修了 修士(医科学)
■ 職歴
1. 2017/04~ 明治大学 農学部 生命科学科 助教授・准教授
2. 2018/04~ 長崎大学歯学部 非常勤講師
3. 2014/04~ 長崎大学医学部 非常勤講師
4. 2014/04~2017/03 明治大学 農学部 生命科学科 専任講師
5. 2014/04~2019/03 帝京平成大学薬学部 大学等非常勤研究員
全件表示(11件)
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 2020/04/01~ 生理学教育におけるオンデマンド型オンライン授業の実施
2. 2020/04/01~ ZOOMを用いた少人数ゼミの実施
3. 2014/04/01~ 生命科学系実験実習科目における工夫
4. 2013/04/01~2017/03/31 時間薬理学講義の実践
5. 2012/04/01~2014/03/31 DVD教材を利用した薬学英語
全件表示(8件)
■ 主要学科目
生命科学科 Link
■ 所属学会
1. 2019/08~ 日本畜産学会 Link
2. 2012/05~ Society for Research on Biological Rhythms Link
3. 2011/03~ 日本生理学会 Link
4. 2008/10~ Society for Neuroscience Link
5. 2000/10~ 日本時間生物学会 Link
■ 資格・免許
1. 2000/03/25 高等学校教諭第一種免許 教科:理科、東京都教育委員会(平12高1第23214号)
2. 2017/01/01 日本生理学会認定 「生理学エデュケーター」 (第1700019号)
■ 社会における活動
1. 2021/07~2021/08 TOKYO2020 Field Cast Press Operation Team
2. 2021/03~2021/12 Materials Special Issue "Self-Organization and Spontaneous Order for Functional Materials" Special Issue Editor Link
3. 2020/10~2021/08 Frontiers in Neuroscience "Development of Circadian Clock Functions" Topic Editor Link
4. 2021/03 体内時計と動物行動に関する解説(NHK番組内)
5. 2020/03 研究内容に関する特集(読売新聞)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2022/03  雌性生殖機能を中心とした概日時刻情報出力様式の解明 基盤研究(C) (キーワード:視交叉上核, 睡眠, 神経回路, 体内時計, 概日リズム)
2. 2017/04~2020/03  全身の時計遺伝子発現の自動定量化技術を用いた体内時計関連疾患発症機構解析システムの開発 基盤研究B 
3. 2014/04~2016/03  加齢による概日時計機能低下原因分子の同定 科学研究費補助金(若手研究(B)) 
4. 2014/04~2017/03  発達期における社会的時差ボケが生体リズムの環境適応機構に及ぼす可塑性 基盤研究(C) (キーワード:視交叉上核, 生体リズム, サーカディアンリズム, 体内時計, 概日リズム, 生物時計, 社会的時差ボケ)
5. 2012/04~2013/03  加齢による概日リズム機能低下の神経機構の解明 科学研究費補助金(若手研究(B)) 
全件表示(9件)
■ ホームページ
   明治大学農学部動物生理学研究室
   http://www.meiji.ac.jp/agri/daigakuin/teacher/04/6t5h7p00000h9343.html
■ 受賞学術賞
1. 2012/09 日本時間生物学会 日本時間生物学会 学術奨励賞
2. 2011/07 Journal of Neuroscience Journal of Neuroscience This Week in the Journal
3. 2008/09 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校 2008 UCLA Friends of the Semel Institute Research Fellow
■ 現在の専門分野
キーワード:生体リズム、時間生物学、時間薬理学、神経内分泌学 
■ 科研費研究者番号
00581985
■ 担当経験のある科目・講演等
1. 動物生理学(明治大学)
2. 基礎生物学(帝京平成大学)
3. 機能形態学(帝京平成大学)
4. 薬学英語(帝京平成大学)
5. 生理学(長崎大学)
全件表示(7件)