(最終更新日:2018-12-07 13:16:31)
  キクチ マサオ   KIKUCHI Masao
  菊地 端夫
   所属   経営学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 著書  Public Trust in Government in Japan in Ali Farazmand ed., Global Encyclopedia of Public Administration, Public Policy, and Governance. (単著) 2018
2. 論文  Do Mayors Orientation affect Performance in each Island Group? Empirical Evidence from the Local Government Survey in the Philippines (共著) 2015
3. 論文  「政策情報の多義的利用に向けて:政策評価・行政評価と組織学習、市民の信頼」 (単著) 2015/01
4. 論文  「書評論文 善教将大『日本における政治への信頼と不信』 木鐸社、2013年」 (単著) 2014
5. 論文  "Public Trust in Local Government in Japan: Continuity and Change after the Great East Japan Earthquake in 2011" (単著) 2013
全件表示(28件)
■ 学会発表
1. 2018/11/11 米国における公私主体による“自治創造”の動態の把握の試み: HOAと自治体の関係性を中心に(日本地方自治学会2018年度研究大会)
2. 2018/06/26 Resilience of Tradition or Source of Administrative Resilience? Public Service Motivation of Japanese Public Employee in Changing Times(2018 Congress of the International Institute of Administrative Sciences)
3. 2018/05/31 Assessing Impacts of Organizational Culture and Organizational Commitment for Public Service Motivation in Japanese Public Sector(Public Management Research Conference 2018)
4. 2018/03/23 Measuring Public Service Motivation in Japanese Public Sector: Legacy Effects or Transformation of Traditional Culture?(2018 Annual Conference of the Asian Association for Public Administration)
5. 2017/09/24 Gated Cityの政治経済学―「私的政府」と自治体の領域一致下での官民関係の検討(日本政治学会2017年度研究大会C-7分科会)
全件表示(45件)
■ 学歴
1.
(学位取得)
明治大学 博士(政治学)
■ 職歴
1. 2011/04 明治大学 経営学部公共経営学科 准教授
2. 2010/04~2012/03 立教大学 法学部 兼任講師
3. 2008/04~2011/03 明治大学 経営学部公共経営学科 専任講師
4. 2008/04~2010/07 立教大学 コミュニティ福祉学部 兼任講師
5. 2006/04~2008/03 明治大学 政治経済学部 専任助手
全件表示(7件)
■ 学内役職・委員
1. 2015/04/01~2016/03/31 明治大学 国際教育副センター長
2. 2018/04/01~2020/03/31 明治大学 国際教育副センター長
■ 所属学会
1. 日本行政学会
2. 日本政治学会
3. 日本公共政策学会
4. 2011/04 日本公益学会
5. 2011/07 Co-Chair, Study Group on Trust and Public Attitudes, International Institute of Administrative Sciences (IIAS)
全件表示(13件)
■ 社会における活動
1. 2018/08 東村山市行財政改革審議会会長
2. 2018/01 Expert,The Global Observatory on Decentralization and Local Democracy (GOLD) V, OECD, UCLG ASPAC (United Cities and Local Governments Asia Pacific)
3. 2017/12 千葉市新基本計画審議会政策評価部会委員
4. 2017/01 Expert,City and Local Government Enabling Environment: Rating in Asia and the Pacific Project, UNDP, UCLG ASPAC (United Cities and Local Governments Asia Pacific)
5. 2017/06~2018/03 堺市行革推進有識者会議委員
全件表示(34件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~  「東南アジアにおける地方自治の新展開:自治体サーベイの分析」研究会委員 国内共同研究 
2. 2016/04~2019/03  アメリカのゲーテッドコミュニティにおける「私的政府」と自治体の関係性に関する研究 若手研究(B) 
3. 2015/04~2019/03  東南アジア地方自治ガバナンスに関する住民意識調査―フィリピンとインドネシアの 比較 基盤研究A 
4. 2017~2018  Comparative Politics of Nuclear Energy in Asian Countries: Building up and Testing a Theory of Nuclear Energy Developmental State 国際共同研究 
5. 2017/12~2018/12  自治体による共同住宅の住環境向上のための規制施策の展開と効果:米国カリフォルニア州自治体とHOAの関係を中心に 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(24件)
■ 現在の専門分野
行政学(Public Administration), 公共政策論(Public Policy), 地方自治論(Local Government Study) 
■ 科研費研究者番号
40515920