(最終更新日:2018-10-09 20:27:55)
  ウ゛ァシリューク スウ゛ェトラーナ   VASSILIOUK Svetlana
  ヴァシリューク スウ゛ェトラーナ
   所属   国際日本学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 著書  Recent Developments in Russia-Japan Energy Relations (単著) 2018/08
2. 著書  「ロシアの歴史を知るための50章」 (共著) 2016/11
3. 著書  「日ロ関係:歴史と現代」 (共著) 2015/03
4. 著書  Asia's Energy Trends and Developments, Vol. 2 (共著) 2013/04
5. 著書  Compendium of Energy Efficiency Policies of APEC Economies (共著) 2011/04
全件表示(26件)
■ 学会発表
1. 2012/07 Panel Presentation “Contemporary Japanese-Russian Energy Cooperation: Problems, Current Developments, and Perspectives"(IPSA International Forum, Madrid, Spain)
2. 2011/09 東アジアのエネルギー状況と協力(日露学術報道専門家会議)
3. 2010/11/15 私の人生観とアイデンティティー:ソビエト人、アメリカ人、そして日本人へ(法政大学(キャリアデザイン部))
4. 2010/11/08 Japan’s Karafuto-jin and their role in Japanese-Soviet/Russian relations(Guest Lecture at IES Center, Meikai University (Chiba, Japan))
5. 2009/02/25 「ロシアエネルギー分野における金融危機の影響について」(日本エネルギー経済研究所及び石油天然ガス・金属鉱物資源機構との共同セミナー)
全件表示(18件)
■ 学歴
1. 2006/03/24
(学位取得)
法政大学大学院 法政大学大学院 社会科学研究科 政治学専攻 博士後期課程
2. 2002/05/23
(学位取得)
Johns Hopkins University School of Advanced International Studies (SAIS) ジョンズ・ホプキンス大学SAIS大学院 国際関係・経済 修士 (With Distinction)
3. 1999/04/30
(学位取得)
Florida Atlantic University Bachelor of Arts (BA) degree in Political Science, with minor in Japan Studies (Summa Cum Laude)
4. 1997/08/01
(学位取得)
Miami-Dade Community College Associate in Arts
■ 職歴
1. 2008/01~2011/03 財団法人日本エネルギー経済研究所(IEEJ)及びアジア太平洋エネルギー研究センター(APERC) 研究員
2. 2006/10~2018/02 法政大学 法学部 国際政治学科、大学院G-GAP 准教授(任期付き)
3. 2006/06~2007/12 Tokyo American Center for International Education of Students - IES 日本研究 非常勤講師
4. 2006/04~2008/04 テンプル大学ジャパンキャンパス 政治科学及び国際関係等 非常勤講師
■ 主要学科目
国際関係、国際政治、日本外交・政治、日ロ関係
■ 所属学会
1. 2012/01 American Political Science Association (APSA)
2. 2012/01 日本アジア協会
3. 2011/12 International Political Science Association (IPSA)
4. 2008/06 法政大学 日ロ関係勉強会
5. 2006/08 特定社団法人日本外国特派員協会
全件表示(6件)
■ 社会における活動
1. 2012/02~2012/02 BS 11 Channel, Program “INside OUT”, 「ロシア大統領選 プーチン復活は?」コメンテーター
2. 2012/01~2012/01 Nihon TV Channel, Program「世界一受けたい授業」「数字で見える世界の真実」授業の先生・コメンテーター
3. 2007/04~2007/05 Asahi Newstar Channel, Program「ポリティカル・プラネット」、「阿部政権の評価の」、「日本における格差社会」、コメンテーター
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011  日ソ・ロ関係における樺太人の役割  (キーワード:日ソ・ロ関係、樺太人)
2. 2004  日ソ・露エネルギー・ポリティックス  (キーワード:Japan, Russia, USSR, energy)
3. 2002  日ソ・ロ関係論、北東アジア関係論 個人研究 (キーワード:日ソ・ロ関係論、北東アジア関係論)
■ 現在の専門分野
政治学(Politics), 国際関係(International relations)