(最終更新日:2019-03-20 12:23:28)
  ヌマタ ヒロユキ   Numata Hiroyuki
  沼田 博幸
   所属   専門職大学院  会計専門職研究科
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2019/03 論文  一般間接税としての消費税について
― 税額控除に関する議論を中心として― (単著) 
2. 2018/06 論文  供給者が課税法域に所在しない場合におけるVAT/GSTの効果的徴収メカニズム (単著) 
3. 2018/03 論文  消費課税における施設(FE)の概念について - 事実型施設と理念型施設の区分を中心として - (単著) 
4. 2018/01 論文  仕入税額控除方式の機能と役割 (単著) 
5. 2017/12 著書  国際課税ルールの新しい理論と実務 (共著) 
全件表示(54件)
■ 学会発表
1. 2012/05/13 ふるさと納税について(中日税法国際研究会)
2. 2012/05/13 最近における法人税制の動向  -グループ課税の発展を中心としてー(中日税法国際研究会)
■ 学歴
1. 金沢大学 法文学部 法学科 卒業
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 出席表を回付して学生に名前を記載されることにより、出席をとっている。毎回、授業の進行状況に合わせてレジュメを配布するとともに、授業中に数多くの質疑の機会を設けることで、学生の授業への参加意欲を高めるようにしている。また、適宜レポートの作成を課題とし、学生の理解の状況を把握するように努めている。
■ 所属学会
1. IFA(International Fiscal Association)
2. 租税法学会
3. 税務会計研究学会
■ 社会における活動
1. 2018/11 日本公認会計士協会東北会研修
2. 2018/10 東京税理士会国際部平成30年度第2回研修会
3. 2018/06~ 日本公認会計士協会 租税相談員
4. 2005/10~ 東京税理士会税理士登録
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2003  消費に対する一般間接税の比較研究 個人研究 (キーワード:消費税,付加価値税,財貨サービス税)
■ 現在の専門分野
公法学(Public Law)