(最終更新日:2019-03-08 11:22:15)
  アイザワ マモル   Aizawa Mamoru
  相澤 守
   所属   明治大学  理工学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 論文  Preparation and Characterization of β-Tricalcium Phosphate Powders with High Solubility for Chelate-Setting Calcium-Phosphate Cements (共著) 
2. 2018/02 論文  Validity check of easy-to-use torsion test method forbioceramics (共著) 
3. 2018 著書  抗菌性を備えた整形外科インプラント材の開発 (共著) 
4. 2018 論文  Bioresorbability of chelate-setting calcium-phosphate cement hybridized with gelatin particles using a porcine tibial defect model (共著) 
5. 2018 論文  Fabrication and biological evaluation of hydroxyapatite ceramics including bone minerals (共著) 
全件表示(261件)
■ 学会発表
1. 2019/03/26 ラット頭蓋冠欠損モデルを用いたリン酸三カルシウムファイバースキャフォルドの骨形成能の評価(日本セラミックス協会2019年年会)
2. 2019/03/25 繊維状ストロンチウムアパタイト単結晶粒子をテンプレートとしたテンプレート粒成長法による異方性制御セラミックスの作製(日本セラミックス協会2019年年会)
3. 2019/03/24 ゾレドロン酸担持新規生体吸収性骨代替材の生体適合性および抗腫瘍性評価(日本セラミックス協会2019年年会)
4. 2018/11/30 イノシトールリン酸を表面修飾した水酸アパタイトセラミックスの作製とその免疫細胞応答(第22回生体関連セラミックス討論会)
5. 2018/11/30 ポリ乳酸・ポリグリコール酸共重合体を気孔形成材とした有機/無機ハイブリッド型多孔質セメントの作製とその生物学的評価(第22回生体関連セラミックス討論会)
全件表示(475件)
■ 学歴
1. 上智大学 理工学部 化学科
2. ~1992/03 上智大学大学院 理工学研究科 応用化学専攻 修士課程修了
3. 1996/12
(学位取得)
上智大学 博士(工学)
■ 職歴
1. 2003/04 明治大学 理工学部 助教授・2003年4月より現職
2. 2003/03 上智大学 理工学部 講師
3. 2001/10~2002/09 ケンブリッジ大学 Department of Materials Science and Metallurgy 客員研究員
4. 1993/04~2003/02 上智大学 理工学部 助手・1993年-2003年2月
5. 1992/04~1993/03 花王株式会社 素材研究所 研究員
■ 所属学会
1. 日本セラミックス協会
2. 2004~2004 ∟ 生体関連材料部会・幹事
3. 日本バイオマテリアル学会
4. 無機マテリアル学会
5. 2005~2005 ∟ 評議員
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2004/05~2006/04 日本セラミックス協会「セラミックス」誌編集委員
2. 2003/04~2008/03 日本セラミックス協会生体関材料部会・幹事
3. 2005/04~2007/03 無機マテリアル学会・評議員
4. 2002/04~2008/03 無機マテリアル学会・企画行事委員
5. 2004/04~2008/03 日本無機リン化学会・評議員
全件表示(15件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   アパタイトファイバースキャフォルドによる肝細胞の三次元培養法の構築と人工肝臓モデルの試作 国内共同研究 
2.   キレート硬化型骨修復セメントの開発と医療用デバイスとしての応用 産学連携による受託・共同研究等 
3.   生体骨と力学的に調和したセラミックス/ポリマーハイブリッドの創製とその生物学的評価 国内共同研究 
4.   硬組織再生を誘導するアパタイトファイバースキャフォルドの創製と医療用デバイスとしての応用 国内共同研究 
5.   高度癌治療を指向した生体吸収性セラミックス微小球の合成とそのドラックデリバリーシステムの構築 国内共同研究 
全件表示(12件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2001 平成13年度日本セラミックス協会進歩賞受賞 タイトル:生体活性テーラードマテリアルの創製と生物学的評価に関する研究
2. 2005 平成17年度(第18回)日本材料試験技術協会賞(2005)(上智大・久森先生らと共同で受賞) タイトル:荷重下におけるチタン合金へのアパタイトの析出能評価
3. 2005 第46回 無機マテリアル学会 永井記念奨励賞(2005) タイトル:アパタイトファイバーの超微細構造解析と骨修復材料への応用
4. 2004 日本無機リン化学会奨励賞 タイトル:硬組織再生を促進する新規な三次元構造を有する多孔質アパタイト
5. 2003 'ABC award (Asian BioCeramics Symposium 2003) タイトル:Fabrication of bioactive cement using hydroxyapatite particles modified with inositol phosphate, its in vitro evaluation''
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
医用生体工学・生体材料学(Medical Organism Engineering and Material Science of Organism), 無機材料・物性(Inorganic Materials and Properties), 再生医学、ティッシュエンジニアリング(Tissue Engineering)