(最終更新日:2014-08-27 16:25:20)
  ウブカタ トモコ   UBUKATA Tomoko
  生方 智子
   所属   明治大学  文学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2013/03 著書  「孤児物語」のファンタジー 大島弓子「夏の終わりのト短調」に至る幻想と欲望 (単著) 
2. 2013/03 論文  スクリーンの衝撃――谷崎潤一郎『アヱ・マリア』におけるファンタジーの技法 (単著) 
3. 2012/03 論文  谷崎潤一郎『鮫人』における「民衆芸術」のモダニティ (単著) 
4. 2011/10 著書  21世紀における語ることの倫理 (共著) 
5. 2011/03 論文  映像体験という情動―谷崎潤一郎『青塚氏の話』 (単著) 
全件表示(10件)
■ 学会発表
1. 2010/10 精神分析批評の射程圏(日本近代文学会)
2. 2010/09 エディプスからユングへ―川端康成『水晶幻想』『みづうみ』、および現代文化における鏡像的アイデンティティ(日本近代文学会東海支部シンポジウム第39回研究会×日本社会文学会東海ブロック例会)
3. 2008/11 快楽を語る言葉―一九八〇年代フェミニズムと森瑤子の〈女ざかり〉-(日本文学協会)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   日本近代・現代文学における小説ジャンルの方法 個人研究 (キーワード:ジェンダー、セクシュアリティ、身体、表象、イメージ)