(最終更新日:2018-11-26 09:06:11)
  トヤ ケイコ   TOYA Keiko
  戸谷 圭子
   所属   グローバル・ビジネス研究科
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 著書  カスタマーセントリックの銀行経営 -価値共創版- (単著) 2018/06
2. 著書  よくわかる銀行 仕事の内容から社会とのかかわりまで (楽しい調べ学習シリーズ) (共著) 2018/04
3. 著書  図解30分で「銀行のしくみ」がすっきりわかる本 (共著) 2010/03
4. 著書  マーケティング・経営戦略の数理 第7巻 (共著) 2009/03
5. 著書  イラスト図解 銀行のしくみ (単著) 2008/11
全件表示(46件)
■ 学会発表
1. 2018/11/17 AI時代の価値共創と人財育成の展望(第11回シンポジウム)
2. 2018/05/14 OBSTACLES TO SERVITIZATION OF JAPANESE COMPANIES AND THE SERVICE PARADOX(Spring Servitization Conference 2018)
3. 2018/03/11 サービスエクセレンスの国際標準化動向(第6回国内大会)
4. 2018/03/11 サービス学の研究領域に関する分類的視点の新展開(第6回国内大会)
5. 2018/03/11 サービス標準化におけるコンセプトダイアグラム(第6回国内大会)
全件表示(80件)
■ 学歴
1. 2000/04~2004/06 筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 博士課程企業科学専攻 博士課程修了 経営学博士
2. 1998/04~2000/03 筑波大学大学院 経営・政策科学研究科 修士課程システム科学 修士課程修了 経営学修士
3. 1984/04~1988/03 京都大学 経済学部 経済学科 卒業 経済学学士
■ 職歴
1. 2014/04~ 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人間情報研究部門 客員研究員
2. 2014/04~ 明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
3. 2010/04~ 中央大学専門職大学院 ビジネススクール 兼任講師
4. 2007/04~2014/03 同志社大学専門職大学院 ビジネス研究科 准教授
5. 2006/04~2007/03 東洋大学 経営学部 専任講師
全件表示(9件)
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. サービス・マネジメント
2. サービス・マーケティング
3. マーケティング・データ解析
4. マーケティング・リサーチ
5. マーケティング・ワークショップ
●作成した教科書、教材、参考書
全件表示(13件)
■ 主要学科目
サービス・マネジメント
■ 所属学会
1. 2012/10~ サービス学会 Link
2. 2018/06~ ∟ マガジン委員会副編集長
3. 2012/10~2018/06 ∟ 出版委員長およびジャーナル編集委員長
4. 1999/04~ American Marketing Association Link
5. 1999/04~ 日本マーケティング・サイエンス学会 Link
全件表示(6件)
■ researchmap研究者コード
5000056026
■ 社会における活動
1. 2018/11~2018/11 地域金融機関の共創マーケティング
2. 2018/10~2018/10 CEN/TS 16880ベースのサービスエクセレンス国際規格 Link
3. 2018/05~2018/05 製造業のサービス化による新事業の創出~実現のための要件と障壁~ Link
4. 2017/12~2017/12 ヘルスツーリズムにおける共創価値
5. 2017/11~2017/11 サービス標準化委員会活動の成果発表 ーサービス標準開発の原理・原則ー
全件表示(93件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/10~2021/09  パーソナルデータエコシステムの社会受容性に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究  Link
2. 2018/08~2020/03  人工知能技術適用によるスマート社会の実現/健康、医療・介護分野/IoT・AI支援型健康・介護サービスシステムの開発と社会実装研究 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:非財務尺度、感情価値、知識価値、可視化)
3. 2018/05~  人の非言語情報の定量化による行動予測のためのスコアリング手法の開発 国内共同研究 
4. 2017/08~2018/07  高齢者を対象とした運動および文化プログラムに関するサービスマーケティング研究 国内共同研究 
5. 2017/01~2017/12  『持続的に収益を生み続ける』機能やサービスを含んだ製品開発につながる研究開発プロセスの構築に関する研究 国内共同研究 
全件表示(18件)
■ 委員会・協会等
1. 2016/04/01~ サービスQ計画研究会 会員
2. 2015/12/01~2017/03/31 文部科学省 初等中等教育分科会 中央教育審議会専門委員
3. 2015/10/01~2016/03/31 ビッグデータの活用等による地方路線バス事業の経営革新支援 検討委員会 委員
4. 2015/09/01~2016/03/31 経済産業省 ヘルスツーリズム品質評価プロジェクト 認証制度検討委員会 委員
5. 2015/09/01~ 日本学術会議 サービス学の参照基準策定小委員会 委員
全件表示(15件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2018/03 サービス学会第6回国内大会Best Paper Award Link
2. 2009/03 Winner, 2010 Scholarly Achievement Award, Human Resource Division, Academy of Management.
3. 2001/12 日本マーケティング・サイエンス学会審査員特別賞
■ 現在の専門分野
経営学, ウェブ情報学・サービス情報学 (キーワード:サービスマーケティング、サービスマネジメント、製造業サービス化、サービス生産性、顧客ロイヤルティ、リーダーシップ) 
■ 科研費研究者番号
20350308
■ プロフィール
京都大学経済学部を卒業後、都市銀行、コンピュータ会社を経て、1999年コンサルティングファーム㈱マーケティン
グ・エクセレンスを設立。社会人になってから大学に戻り、筑波大学大学院経営・政策科学研究科博士課程企業科
学博士(経営学)を取得。同志社大学等を経て、現職。現在、(独)産業総合技術研究所デジタルヒューマン研究センター
特別研究員、㈱マーケティング・エクセレンス マネージング・ディレクターを兼任。著者:『リテール金融マーケティ
ング』(東洋経済新報社)、『カスタマーセントリックの銀行経営』(金融財政事情)、『隠されてきた銀行の真実』(ファー
ストプレス社)、『銀行のしくみ』(日本実業出版社)、『窓口・渉外係のための金融マーケティング入門』(近代セールス
社)、『マーケティングの基礎と潮流』(八千代出版)、『サービス・マーケティング入門』翻訳(法政大学出版局)。
■ 共同研究希望テーマ
1. サービス価値共創
2. サービス生産性
3. 製造業サービス化
4. 金融サービスにおける顧客ロイヤルティ